ニュース
2005/12/13 23:07 更新


「バイトヘル2000」発売記念で等価交換を学ぶ――「ジゴク・サカバ」でバイトしました (1/2)

12月22日に発売されるPSP用ソフト「バイトヘル2000」を記念して、ソニー・コンピュータエンタテインメントはゲーム中にも登場する「ジゴク・サカバ」を、渋谷に本日限定オープンした。ここのルールはただひとつ。飲食代は自らバイトして稼ぐこと!

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PSP用ソフト「バイトヘル2000」が12月22日に発売されることを記念して、渋谷に本日限りのゲームラウンジ「ジゴク・サカバ」を開店した。

 「バイトヘル2000」は、あの「グルーブ地獄V」を世に送り出したピエール瀧氏がゲームディレクターを務める、思わず脱力してしまうミニゲームやツールが集約させたもの。「グルーブ地獄V」で収録されていた続編ゲームも多数存在。日々の生活に潤いを与え、スキマを埋めてくれるバイト(ミニゲーム)と「ドウグ」(ツール)が登場する。バイト代は「ガチャガチャ・センター」で新たなバイトやドウグをゲットすることができる。また、ワイヤレスLAN機能を活用すれば、ユーザー同士でアイテムの交換ができたり、2人〜8人までの対戦&協力バイトが可能だ。さらにバイトを下請けという形で他のユーザーへ与え、稼いだバイト代を徴収することもできる。

wk_1213baito01.jpg  「ジゴク・サカバ」はゲーム中に登場する怪しいバーをモチーフに、渋谷のDJ&VJ BAR ON@OFF(オノフ)を借り切ってセッティングされていた。ここ「ジゴク・サカバ」のルールはただひとつ。「バイトヘル2000」内のバイトをひたすらやりこみ稼がないと飲食できないというもの。

 「バイトアッセンジョ」で4つの中から選択したバイトを、なるべく選りすぐりせずにプレイ。稼いだ分だけチップがスタッフからもらえ、それぞれ「10円」「100円」「500円」と分けられている。さらに「1000円」というミニ紙幣まで用意されており、高額を狙う者だけが両替できるようになっていた。PSPは持参せずとも店内に備え付けが用意されており、筆者もさっそくバイトに勤しんでみる。このままでは、お茶ひとつ飲めない。

wk_1213baito02.jpg

wk_1213baito03.jpg

「バイトアッセンジョ」では、3種類の「オニ」がバイトを管理している。4種類のバイトがランダムに表示されるが、気に入らなければ一度画面を戻し、再び「バイトアッセンジョ」に入り直すとバイト内容が変化する。肝心のバイトは、中身もさることながら、見た目からして脱力系。しかしその実、病みつきになること請け合い。中央がバイト「受粉」。まるでどんなゲームかわからないと思うが、ただただ受粉させるために奔走するゲーム。右がドウグの「大臣」。王様ゲームの際に大活躍するお役立ちツールである

 バイトは全部で40種類の中から「バイトアッセンジョ」にて、ランダムに4種類提示される。まずは目に付いた「リフティング地獄」を選んでみたが……。うっかりたったの14円。不甲斐なさすぎると今度は「ひよこ鑑定」でリベンジ。470円を稼ぎ出し、さっきの14円(繰り上がりで20円)を足して490円をゲットした。

wk_1213baito04.jpg

どう見ても“あの人”にしか見えないキャラを左右に動かし、ボールが落ちないようにリフティングし続けるゲームが「リフティング地獄」。球は3つあるのだが、タイミングを間違えると筆者のようにあっさり決算となってしまう……。また「ひよこ鑑定」はひたすらヒヨコをオスかメスか、はたまた死んでいるのかを選別し続けるだけの単純作業。しかし、単純作業ゆえ、いつしか意識は朦朧となってしまう。途中でこれは長期戦になるなとケリをつけ決算へ。このように長時間要するものは途中で切り上げることもできる

wk_1213baito05.jpg

490円がこの食事に化けた……。なるほど世の中は等価交換というわけである。こちらはバイトする。稼いだらお金をくれる。そのお金でご飯が食べられる。それにしてもワリがよすぎる。お肉にイモ、サラダにコーラを飲んでもおつりが出た。こりゃ余裕かな? と思ったら……

wk_1213baito06.jpg

店内は10円と交換できるもの、100円で交換できるもの、500円で交換できるものと分けられており、さらに高額を狙う参加者のために2万1000円で交換できる、松坂牛肉と松葉ガニが用意されている。先は長い……

      | 1 2 | 次のページ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping