ニュース
2006/01/05 02:36 更新


サクラ大戦 新春歌謡ショウ「跳んでる花組♪」、初日を迎える (1/4)

「サクラ大戦」帝国歌劇団・花組による舞台、新春歌謡ショウ「跳んでる花組♪」が、2006年1月4日、青山劇場にて初日を迎えた。ここでは関係者を集めて行われた最終通し稽古の様子をお伝えする。

 2006年1月4日、「サクラ大戦」帝国歌劇団・花組による舞台、新春歌謡ショウ「跳んでる花組♪」が初日を迎えた。公開舞台稽古などでもすでにお伝えしているとおり、今回の第1幕は夏に行われたサクラ大戦 スーパー歌謡ショウ「新・青い鳥」の続きものとなっているのが特徴だ。

 まずは恒例となっている広井王子氏と中嶋親方による前説からスタート。ここで広井氏は今年の夏を最後に終わりを迎えるスーパー歌謡ショウについて語る。「スーパー歌謡ショウが最後なんですよ。来年からはウルトラ歌謡ショウとか、なんちゃって歌謡ショウとか……どう?」

photo

(左から)中嶋親方、広井王子氏

 これには中嶋親方からストップがかかったが、広井氏はただ終わりにするつもりはない様子だ。ファンは今後の情報に期待してみてはいかがだろうか。なお、先日のクリスマスディナーショウで明らかにされた紐育歌劇団・星組によるレビュウショウが、「歌う♪大紐育」となることも発表された。こちらは2006年3月18日・19日に、新宿文化センターにて行われるという。

photo

今回は花組メンバーによる歌ではなく、「祝い太鼓」と題された太鼓で舞台の幕が開ける。こいつは縁起がいいや!

 さて、「跳んでる花組♪」の第1幕は続きものということで、「新・青い鳥」にて登場した敵、根来幻夜齋が復活、それを打ち倒すべく奮闘する花組メンバーを軸に話が進む。ここにダンディ団の西村ヤン太郎やベロムーチョ武田、川岡刑事や中嶋親方も絡み、どんどんと舞台は盛り上がっていく。

photo

花組隊長・大神一郎の前に、復活した幻夜齋が現れる

photo

神崎すみれの新居に集まっていた花組メンバーの前にも幻夜齋の姿が。すみれの奮闘で何とか退けたものの……

      | 1 2 3 4 | 次のページ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping