レビュー
2006/01/11 18:00 更新

「ローグギャラクシー」レビュー:
移動、戦闘、イベントが間断なく繰り広げられていくことに驚嘆 (1/3)

ゲームの世界観に浸っているとき、「Now Loading」で長々と待たされては興がさめるというもの。この年末、プレイステーション 2で発売された「ローグギャラクシー」は、ローディングなしにあらゆるシーンがつながっていくところが画期的だ。これでプレイ中の没入感も変わる?

“ドラクエVIII”を手がけたレベルファイブの最新作

 ゲームソフトの供給メディアがROMカートリッジから光ディスクに取って代わって以来、程度の差はあれローディング中を示す画面がゲームには付きものになった。ディスク上のデータ配置を工夫して読み込み時間を極力抑える、あるいは画面に変化をつけるなどして、ローディングの待ち時間がプレイヤーのストレスにつながらないようメーカーも腐心してきたが、RPGで全編を通してローディングが発生しないというのは、HDDをキャッシュに用いるソフトを除けばおそらく初めてだろう。

 今回紹介する「ローグギャラクシー」では、フィールドの移動はもちろん、戦闘やイベントなど、すべてのシーンがローディングで分断されることなく展開していくという。そんなエポックメーキングなRPGを制作したのは、「ドラゴンクエストVIII」の開発にも携わったレベルファイブという会社。比較的新しい会社だが、過去にも「ダーククラウド」「ダーククロニクル」(ともにSCE)を手がけるなど、RPG系に強いデベロッパーとして知られている。

画像

年末商戦向けのPS2タイトルの中でも、特に注目が高い「ローグギャラクシー」。“ドラクエVIII”の開発会社が制作していることや、各種シーンがローディングの待ち時間なしに展開していくことなどで話題を集めている

トゥーンレンダリングを用いた暖かみのあるビジュアルが好印象

 本作のストーリーは、幼少の頃から宇宙を旅することに憧れていた主人公“ジェスター・ローグ”が、ひょんなきっかけから宇宙海賊の一員としてスカウトされ、ドルゲンアーク号に乗船して彼らとともに星々を巡るというスペースファンタジー。RPGといってもコマンド選択方式ではなく、キャラクターを自ら操作して戦うアクションRPGだ。

 まず特徴的なのがビジュアルで、3Dポリゴンで描かれるキャラクターをトゥーンレンダリングによって2Dアニメ風に表現している。これは先述の“ドラクエVIII”などでも見られた手法で、本作では柔らかな色遣いや奇をてらわないキャラクターデザインも相まって、どことなく親しみやすさを感じる。大げさすぎない程度に表情の変化をつけているのも好印象で、広く受け入れられやすい作りだと思う。

画像

主人公を含むキャラクターたちは、すべてトゥーンレンダリングで描かれる。色遣いにも特徴が見られ、全体的に柔らかで暖かみのある印象に仕上げている

 また、リアルタイムポリゴンで描かれるシーンと、プリレンダリングのムービーシーンとの間で、グラフィックのクオリティに大きな開きがないのもよい。とりわけRPGの場合は、このギャップが極端すぎると興を削がれてしまうこともあるが、ローグギャラクシーに関してはイベントシーンがどちらで展開されているかをあまり意識させない。

画像

イベントシーンは、リアルタイムポリゴンによるものとムービーを使い分けているが、キャラクターのモデリングに大きなギャップがない分、違和感なく観ていられる。ちなみに、こちらがムービーで、上の画面がリアルタイムポリゴンによるもの

 そして、やはり注目は冒頭でも述べた“ローディングなし”という点。当然ながら、実際にはローディングも行われているが、それがプレイヤーにほとんど体感されないよう工夫されているというわけだ。例えば、フィールドを歩き回っている際、建物に出入りしたり、敵と遭遇して戦闘になっても、場面転換の継ぎ目がない。イベント発生時も同様で、ほとんど間をおかずに話が進んでいく。おそらくは、ゲームの起動時にシステムの基幹部分を読んでおき、プレイ中はバックグラウンドでデータを先読みしているのだろう。キャラクターの動作がぎこちなくなったり、数秒ほど場面が暗転するところはあるものの、「Now Loading」等の画面でシーンが寸断されることはない。

 実際にプレイしてみると、この軽快さにはきっと多くの方が驚くはず。ローディングで待たされることがないうえ、物語にも区切りがつけられていないため(ストーリーは章立てだが、セーブ画面を除けば「第○章」などの表示が出ない)、つい延々とプレイしてしまう。

画像

フィールドを移動中に敵と遭遇すると、「WARNING」と表示されたのち、フィールド上でそのまま戦闘へと移行する。イベントシーンとのつながりもスムーズで、ディスクのローディングが行われていることをまるで感じさせない

      | 1 2 3 | 次のページ

[小泉公仁,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping