レビュー
2006/01/12 12:00 更新

「エブリパーティ」レビュー:
“エブリパ”でオンラインデビューすることは、この上なく幸せなことである (1/4)

見ず知らずの人とオンラインでゲームをプレイするのは、どうも気後れがしてしまう。思い浮かぶのは、ゲームの上手い人ばかりが集まるマニアックなムード。自分など相手にもされないのでは……。そんな不安感を、このゲームが拭い去ってくれる。勝ち負けにとらわれず、オンラインでもオフラインでも「ああ、楽しかった」という気分になれる“エブリパ”って、感嘆に値するほど素晴らしい。

取っつきやすく、飽きのこない新機軸のボードゲーム

 2005年末に日本でも発売されたXbox 360では、旧Xboxの不振を考えてか、著名な日本人クリエイターによる日本市場向けタイトルの強化にも注力している。本体と同時発売になった「エブリパーティ」も、その1つだ。開発は、元カプコンの岡本吉起氏率いるゲームリパブリック。ストリートファイターシリーズなど数多くのヒット作に関わった事で知られる氏が、Xbox 360の第1弾にボードゲームタイプの作品というのはちょっと意外にも思える。グラフィック性能に長けるXbox 360なので、見た目やゲーム性で派手なものが用意されるものと想像していただけに、意表を突かれたような感じだ。

 その意図するところは、プレイするにつれて次第に読めてくる。エブリパーティのコンセプトは、「年齢、性別を問わず、すべてのユーザーが気軽に楽しめる」ということだったが、本当にそうなのだ。操作もルールも至って明快で、ややこしさを感じさせる部分がなく、とにかく取っつきやすい。それでいて戦略性が要求される一面もあり、数時間ほどのプレイで飽きられるような内容になっていない。Xbox 360が旧Xboxユーザー以外の層にも受け入れられるためには、こういうタイプのゲームも必要との判断が働いたものと思う。

画像

Xbox 360のローンチタイトルとして発売された「エブリパーティ」。“パーティゲーム”というジャンルを掲げたボードゲーム風の内容で、年代を問わずにプレイしやすい作りが特徴。これまでのXbox陣営では、あまり見られなかったタイプのゲームだ

“ほのぼの和み系”に見えて、実はかなりシュール?

 エブリパーティでは、キャラクターデザインに「ちびまる子ちゃん」などでおなじみのさくらももこ氏を起用し、ゲームオリジナルのキャラクターに加え、「神のちからっ子新聞」(ビッグコミックスピリッツで連載中)のキャラクターも多数登場することが見どころのひとつ。人物の性格や外見をやや誇張気味に表しながら、身近にいる誰かを思い起こさせるあたりが彼女の描くキャラクターの魅力と思うが、注目したいのは、原作の持ち味を崩さずにキャラクターを3D化していること。3Dポリゴンで描かれたキャラクターは、どの角度から見ても違和感がなく、紛れもなく“さくらももこキャラ”として成立しているのが見事だ。

画像

さくらももこ氏デザインによる個性的なキャラクターが、ゲーム中に数多く登場することも“エブリパ”の魅力。3Dポリゴンを用いながら、さくらももこキャラならではの持ち味がきちんと再現されていることに注目

 この味わいあるキャラクターに加え、街並みもどこか懐かしさを感じさせる雰囲気で、ビジュアルからはほのぼのとした印象を受ける。が、そのビジュアルが醸し出すイメージとは裏腹に、ストーリーはかなりシュール……。笑いを誘うというより、ある種の脱力感を伴う展開がやたらおかしい。

 そのストーリーは、1人用モードの「おはなしすごろく」の中で楽しむことができる。舞台は「神力子市」(じんりきこし)という町で、見るからにありふれていて何の特徴もないところだが、住人たちにはどことなく活気がない。そこに降り立った主人公(プレーヤー)が、ある老婆からなぜか“救世主”と称され、困っている市民たちの手助けをする羽目に。といっても、依頼というのが「スーパーの特売でメロンを買ってきてくれ」だの「自動車教習所で待つ人に届け物をしてくれ」だの、どう見ても“救世主”向きじゃない。そんな任務を押しつけられた主人公は、すごろく風のマップを巡って、誰よりも早く目的地に到達しなければならないのだ。

画像

モードは全部で6つ。このうち、「おはなしすごろく」は1人プレイ専用のモードで、ストーリーに沿って様々なマップをクリアしていく

画像

物語は、主人公(プレーヤー)が電車で“神力子市”にやってきたところから始まる。そこで出会ったナゾの老婆から、「アナタは、この街を救う救世主なのですじゃ!」と言われ、悩みを抱える市民の手助けをすることになるが……

画像

最初の依頼は、この怪しいおじさんに請われて、スーパーに行ってメロンを買ってくること。メロンにただならぬ執着を見せるおじさんが、シュールすぎてちょっとコワイ……

      | 1 2 3 4 | 次のページ

[小泉公仁,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping