ニュース
2006/01/13 17:58 更新


「PGR 3」や「セガラリー2006」など、最新レースゲームが出展――「TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC」 (1/2)

幕張メッセにて開催されている世界最大級のカスタムカーショー「TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC」。会場にはゲームメーカー数社も参加しており、レースゲームが出展されていた。
photo

 大手自動車メーカーやカスタムアイテム専用メーカーなどが、新しい技術や独自のデザインを披露する毎年恒例のイベント「TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC」が、幕張メッセにて開催されている。今年の出展社数は341、出展車輌台数は651。会場にはゲームメーカー数社も参加しており、レースゲームが出展されていた。

 昨日(1月12日)に発売となったばかりのXbox 360用ソフト「PGR 3 - プロジェクト ゴッサム レーシング 3 -」を、GENROQ/special cars with PGR3, Xbox 360ブースに出展していたマイクロソフト。通常(立ってプレイするタイプ)の試遊台に加え、HORI製のステアリングコントローラ+バケットシートで楽しめるタイプの試遊台が2台用意されている。

photo

「PGR 3」試遊台の横にはフェラーリ F430を展示

photo

奥にはメルセデス・ベンツの姿も!

photo

ステアリングコントローラを使用した試遊台は、展示されている2台(フェラーリ F430、メルセデス・ベンツ)でプレイすることができる

 エレクトロニックアーツは、プレイステーション 2版「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」の試遊台を4台設置。「ブラックリストチャレンジ」と題されたゲーム大会も実施しており、上位入賞者にはラジコンカーがプレゼントされる。また、ゲーム内に登場するパトカーの装飾を施したカスタムカーも2台展示していた。

photo

エレクトロニック・アーツは、昨年の「ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2」に続き、今年は「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」の試遊台出展となった

 このほか、ユークスのプレイステーション 2用ソフト「D1グランプリ 2005」、セガのプレイステーション 2用ソフト「セガラリー2006」と「Juiced チューンドカー伝説」(2006年春発売予定)といったレースゲームが出展されている。

photo

「D1グランプリ 2005」は会場内のいたるところに出展されている

photo

発売されたばかりの「セガラリー2」に加え、「Juiced チューンドカー伝説」を出展したセガ

 「TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC」は明日(14日)、明後日(15日)と引き続き開催される。実車やカスタムアイテムがメインではあるが、紹介したゲームタイトルはもちろん、イベントも数多く催されているので、興味のある方は足を運んでみてはいかがだろうか。

次ページでは、イベントの華であるコンパニオンのお姉さんたちの写真を並べてみました

      | 1 2 | 次のページ

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping