ニュース
2006/01/19 14:00 更新


映画「サイレン」完成披露試写会に“屍人”(やみびと)現る


wk_060119siren01.jpg  2月11日より全国東宝洋画系にて公開予定の映画「サイレン FORBIDDEN SIREN」の完成披露試写会が先日、ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、監督の堤幸彦氏や出演者が会見を開いた。

 「サイレン FORBIDDEN SIREN」は、プレイステーション 2用ソフトとしてソニー・コンピュータエンタテインメントより2006年2月9日に発売を予定しているホラーアドベンチャー「SIREN2」をベースに描かれている。「SIREN2」は、2003年12月に発売された「SIREN」の続編にあたり、前作がリリースされた当時はあまりにも怖いTVコマーシャルのため放映中止になったりと話題になった。

wk_060119siren02.jpg

「SIREN2」――日本近海の離島、夜見島(やみじま)。29年前謎の海底ケーブル切断事件により、突如として島民全員が謎の失踪を遂げていた。そして、現代。まるで何かに導かれるように、廃虚化した島を訪れる人々。人ならざる存在「屍人」と、新たなる脅威「闇人」が彼等を襲う。絶望的な戦いと生き残りを描いたホラーアドベンチャー。2006年2月9日発売。価格は税込7140円

wk_060119siren03.jpg

新機能としては、難易度やマップ現在位置表示、ヒント表示などの選択が可能になったほか、光だけが弱点の新たなる脅威「闇人」の登場、車を利用した移動、敵の武器の奪取など、ゲームシナリオに関わる新要素も充実。屈みながらの高速移動や、「投げる」コマンドや銃器による打撃などの新アクションも追加されている。もちろん、攻略に重要な「視界ジャック」は今作も健在

 完成披露試写会の前に行われた記者会見では、監督の堤幸彦氏をはじめ、映画初主演となる市川由衣さんや共演の森本レオさん、高橋真唯さん、映画初挑戦の西山潤君の5人が登場。映画では伝説の存在として登場する人魚に扮した美女達とのフォトセッションや、ヒット祈願の鏡割り(銘酒 夜見島)、質疑応答などが行われた。

wk_060119siren04.jpg

wk_060119siren05.jpg

舞台挨拶では、堤監督が「遊園地のお化け屋敷に入るような感じで楽しんでほしい」と発言。ゲームと映画のダブル出演を果たした高橋真唯さんは「ゲームでは異なるキャラクターを演じ分けるのが難しい挑戦でした。加えて尊敬する堤監督の映画に出演できてうれしいです」とコメント。最後は観客の協力によるフォトセッションが行われた

wk_060119siren06.jpg

試写会場入口にはプレイステーション 2用ソフト「SIREN2」の試遊台が設置され、ゲームに登場する“屍人”(やみびと)が怖がらせつつもアピールしていた

(C)Sony Computer Entertainment Inc.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping