ニュース
2006/01/25 20:24 更新


「エターナルカオス」でサーバ間のキャラクター交流が可能に


 ガマニアデジタルエンターテインメント(以下、ガマニア)は、同社が運営するオンラインサービス「エターナルカオス」においてマトリックスサーバを導入。これにより、現在提供されている「アンドロメダ」、「オリオン」、「プレアデス」の3つのゲームサーバで育てたキャラクターが、サーバーの枠を飛び越えて交流できるようになったと発表した。

 マトリックスサーバには、「グリーニッシュスクエア」というユーザー間で集まる場所を中心に、「バトルグラウンド」、「ハードコアステージ」と、キャラクター同士で力を競う場所が用意される。これにより、普段は出会うことのない他サーバのキャラクターとすれ違い、コミュニケーションできる。マトリックスサーバの導入は2月上旬を予定しているとのことだ。

画像

グリーニッシュスクエア

画像

 なお、1月25日午後3時より、「エタカ ハンターチャンス」にて、獲得経験値が通常より上昇するアイテム「スーパーカオスボール3(紫)」のみがドロップする「200GASH EXP強化コース」が導入された。マトリックスサーバ導入により、ほかのユーザーもキャラクターをビルドアップしてくると思われるので、このチャンスを利用してキャラクターの強化を図ってはいかがだろうか。

(C) 2006 GAMANIA DIGITAL ENTERTAINMENT CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
(c) 2006 NAKO interactive Co., ltd. All rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping