ニュース
2006/01/27 19:54 更新


進化して手の中に――コーエー「真・三國無双 2nd Evolution」


 コーエーは、プレイステーション・ポータブル用タクティカルアクションゲーム「真・三國無双 2nd Evolution」を2006年3月に発売すると発表した。

 2004年12月に発売された前作のPSP用ソフト「真・三國無双」をベースに、システムを大幅に改善。ステージ分岐システムや連携も楽しめる副将システム、そして待望のマルチプレイモードの実装や、愛馬をカスタマイズできる新モード「厩舎」など、さらに充実の内容となっている。

wk_060127musou01.jpg
  • プレイヤーの行動で歴史が塗り替えられる!「ステージ分岐システム」

 本作のメインモードとなる「無双モード」では、プレーヤーの行動により進むステージが拡がっていく「ステージ分岐システム」が導入されている。総シナリオ数は隠し要素のあるステージなどを合わせ、前作の倍以上。飽きのこないボリュームが期待できる。

wk_060127musou02.jpg
  • 副将がさらに増加

 前作でも存在感を出していた副将が総勢300人ほどに増加。レア副将などもいるので、よりコレクション性が増している。前作では、ステージクリア後にランダム、もしくは幕舎での配下交換で仲間に加わった副将だが、今回はステージ中に敵将を「捕縛」したり、「特定条件」を満たすことでも入手可能となっている。

  • 4人までのバトルロイヤルが可能な「マルチプレイモード」

 ついに本作で、通信対戦が実装される。対戦はバトルロイヤルルールで行われ、最大4人までのプレーヤーが同時に楽しむことが可能。

wk_060127musou03.jpg
  • プレーヤーと副将との人間関係で変化する「連携要素」

 本作では、“副将とプレーヤーキャラクター間の連携要素”が盛り込まれている。例えば、「水魚の交わり」で有名な劉備と諸葛亮の組み合わせで戦闘に出た場合、プレーヤーキャラのパラメーターがアップするなど、三国志ファンがにやりとする関係性にフューチャーした。三国志のストーリーから推測してみるのも面白そうだ。一度発見した組み合わせは「連携一覧表」に記載。すべての組み合わせを埋めていく楽しみもありそうだ。

  • 愛馬をカスタマイズできる新モード「厩舎」

 副将と同じく、プレーヤーと戦場を共にする「馬」にスポットライトが当たった。今作ではシリーズ初の「厩舎」という要素を盛り込み、パーツや色の組み合わせで愛馬をカスタマイズできるようになった。

 上記した内容以外にも、まだまだ魅力たっぷりの「真・三國無双 2nd Evolution」は2006年3月発売予定。価格は5280円(税抜)。

wk_060127musou04.jpg

真・三國無双 2nd Evolution
対応機種PSP
メーカーコーエー
ジャンルタクティカルアクション
発売日2006年3月予定
価格5280円(税抜)
(C)2006 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping