ニュース
2006/02/08 19:00 更新


ソフトバンクIDCがオンラインゲーム事業への新規参入を支援


 新規にオンラインゲーム事業参入を目指す企業を対象に、ソフトバンクIDCが参入支援プログラムの提供を開始すると発表した。

 昨今のオンラインゲーム市場において、大容量コンテンツの高速配信とサーバーの安定運用など、ゲームタイトルのリリース初期段階に発生する負荷とリスクが新規参入企業にはネックとなっていた。このプログラムでは、それらの負荷とリスクを軽減するものとして、ソフトバンクIDCのデータセンターを利用する形で支援していく。

 かねてから多くのオンラインゲーム事業者と仕事に関わるにあたり獲得した経験と運用技術のノウハウを元に、サーバーの最適な設置方法やネットワーク設計を含めた導入コンサルティング、機材調達および保守運用監視サービスを一元的に提供するとしている。

 新規参入支援を希望する企業については、こちらで募集している。審査を通過すると支援プログラムを受けることができ、企画と制作に集中できる環境を獲得できることになる。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping