トップ10
2006年03月01日 17時26分 更新

王者ニンテンドーDS、揺るがず

ニンテンドーDSの勢いが止まりません。これで実に3週連続のトップとなりました。同じ任天堂ということで言えば、「MOTHER 3」も2本がトップ10にランクインと好調です。ニンテンドーDS Liteはいよいよ明日発売。V4確定でしょうか?


 ニンテンドーDSの勢いが止まりません。これで3週連続トップとなりました。ただ、今回の1位を取った記事は、「ニンテンドーDS Lite」アイスブルーとエナメルネイビーの2機種が発売延期というもの。この2色の購入を予定していた人には残念なニュースだったかもしれません。

 そんなニンテンドーDS Liteですが、明日には発売されます。すでに徹夜組が出ているなどの情報もあるようですが、I記者が昨日夜に視察に行ったところ、どうやらまだ人は並んでいなかったとのこと。本日はあいにくの雨となっていますが、熱心なファンは今夜から並ぶのでしょうか。ここ最近はまた寒くなってきたので、くれぐれも防寒対策はしっかりと行ってください。

 そのほかで言うと3位5位にランクインした「MOTHER 3」も好調です。昨日はこれまで公開されていたフィールド画面に加え、ついにバトルシーンの画面も公開されました。2006年4月20日の発売に向け、開発が順調に進んでいる様子がうかがえます。なお、「MOTHER 3」仕様のゲームボーイミクロとソフト、フランクリンバッヂが同梱された、デラックスボックスは本日より予約開始となります。限定生産ではありませんが、期間限定の受注生産ですので、購入を検討しているという人は、早めに決断することをお勧めします。

 さて、できればここで終わりにしたいところなのですが、2位の「ゲーム『Z指定」、5月31日より開始」に触れないわけにもいかないでしょう。新レーティング制度では、18歳未満の販売を禁じるZ指定が設けられることになりました。賛否両論あるようですが、個人的にはおおむね賛成です。なぜなら、18歳未満の販売を禁止することにより“これまでは無理だった表現が可能になる”こともあるからです。

 大人のためのエンターテインメントを目指したPS2ソフト「龍が如く」があります。あえて大人だけを対象にするその潔さに好感を覚えたのですが、これまでのレーティング制度はあくまで対象、購入しようと思えば子どもも購入することができたため、どこかそういった層を意識している感じも受けました。ですが、18歳未満が購入禁止となるのであれば、真の大人のためのエンターテインメントを生み出すことも可能になります。

 もちろん、18歳未満は禁止なのだから何でもありとなってしまう不安、販売店への徹底指導など問題はたくさんありますが、禁止になるからこそできる表現や、何よりゲームの地位を1ランク上げるひとつの材料として、新レーティング制度にはおおいに期待したいところです。

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping