ニュース
2006年03月09日 19時42分 更新

新 鬼武者、米国の式典「Golden Reel Awards」にて最優秀賞を受賞

photo Golden Reel Awardsにてスピーチをする「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」プロデューサーの小野義徳氏

 カプコンは、米国ハリウッドにて2006年3月4日に開催されたMotion Picture Sound Editors (M.P.S.E.)主催の式典「The 53rd Annual M.P.S.E. Golden Reel Awards」において、同社のプレイステーション 2用ソフト「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」が、コンピューターエンターテインメント部門の最優秀賞を受賞したと発表した。

 「Golden Reel Awards」は、53年の歴史がある式典で、同賞は長編映画やテレビ番組、ゲームソフトなどの音響部門において、最も大きな功績を残した作品に贈られる名誉ある賞とのこと。新 鬼武者は、シリーズ累計700万本以上の出荷を誇る戦国アクションゲームのシリーズ最新作で、これまでの世界観をそのままに、シリーズの醍醐味である“バッサリ感”をさらに強化したほか、手軽に必殺技が使えるなど、システムが柔軟に見直され、爽快感あふれる進化を遂げている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping