ニュース
2006年03月10日 15時06分 更新

現場の声から生まれたゲーム開発専用バグ情報管理システム「TestingStudio」

 ウェブテクノロジは、スタジオソリューションズ開発のバグトラッキングシステム「TestingStudio」を2006年春より販売、それに先駆けて無償の試験運用(βテスト)を3月下旬より開始する。

 TestingStudioは、ゲーム開発メーカーでテストチームを率いていた経験を持つスタッフが開発を行ったゲーム開発専用バグトラッキングシステム。ワークフローがビジュアルで管理できるので、紙のようにかさばらずにバグレポートが渡った経緯を確認できるほか、バグレポートの変更履歴やテスターの管理が行えるため、レポート内容の変更とその当事者の記録を追うことや、テスター個々のバグ発見率などのスキル比較データとして利用することも可能だ。また、TestingStudioは、ウェブテクノロジが開発中のQA支援システム「ThunderGate」(サンダーゲート)と連携して使用することもできるという。

photo フローを視覚的に管理・表示することができるため、デバッグ進行状況を、簡単かつ分かりやすく把握することができる
photo テスターのバグ報告数を常時把握できるので、各個人のバグ発見率などのスキル比較データ作成などにも役立つ

 ウェブテクノロジでは現在、TestingStudioの販売開始に先駆け、こちらのページにて試験運用を実施してくれるゲーム開発会社を募集している。必要動作環境などは以下を参照。

TestingStudio(サーバ側動作環境)
対応OS日本語版 Windows Server 2003 SP1 / R2(64bit版には非対応)
追加ソフトウェアMicrosoft SQL Server 2005
Microsoft .NET Framework 2.0
Internet Information Server(IIS) 6.0
CPUIntel Pentium 4 2GHz 以上または相当のx86互換プロセッサ
ハードディスク空き容量 50MB以上(インストールに必要な最小容量)、データベース領域として2GB(最小)
搭載メモリ256MB以上
グラフィックス800×600 ドット以上
TestingStudio(クライアント側動作環境)
対応OS日本語版 Windows XP SP2 / 2000 SP4
追加ソフトウェアIE 5.0以降
Microsoft .NET Framework 2.0
CPUIntel Pentium III 600MHz 以上
ハードディスク本体プログラム・データともにサーバより自動的に取得するため、インストール領域は不要
搭載メモリ256MB以上
グラフィックス1024×768 ドット以上
Copyright(C)1996-2006 web technology Corp. All rights reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping