ニュース
2006年03月15日 18時37分 更新

Xbox 360「闘龍門」対戦イベント中の現場に潜入。プロ雀士に本作の魅力を聞いてきました

AQインタラクティブから発売されているXbox 360ソフト「通信対戦麻雀 闘龍門」。その通信対戦イベント「プロチャレンジ杯」の現場へと潜入し、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士2人に、本作をプレイしての感想や魅力などを語ってもらった。
photo

 AQインタラクティブから発売されているXbox 360ソフト「通信対戦麻雀 闘龍門」にて、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士との通信対戦イベント「プロチャレンジ杯」が開催されることは、こちらの記事にてすでにお伝えしていたが、このたび、実際にイベント中の現場へとお邪魔する機会を得ることができた。

photo

 闘龍門は、手軽にマージャンを楽しめるのが特徴で、短時間で逆転可能な「割れ目システム」などの搭載により、1ゲーム5分程度で勝敗が決まる。また、Xbox 360の通信機能である「Xbox Live」によるオンライン対戦も可能で、フリー対戦、全国段位認定モード、段位別対戦(ノーマル)、段位別対戦(上段位者限定)、通常大会、特別大会、通信対戦といったメニューを用意。大会に参加するためには、月額300円(2006年4月1日まで無料)の課金サービスに加入する必要があるが、直接対戦は無料で楽しむことができるという。

photo イベントの様子その1

 この日のプロチャレンジ杯には最高位戦日本プロ麻雀協会所属の近藤誠一プロと山口まやプロの2人が参加。近藤プロは闘龍門に触れるのが初めてということもあり、少し操作に戸惑う場面があったようだが、方向キーとAボタン、Bボタンの3つを覚えればプレイ可能とあって、すぐに慣れたようだった。一方の山口プロは2回目ということで、操作はもちろん、ボイスチャットもしっかりと装着するなど、手慣れたものだった。

photo イベントの様子その2

 対戦イベント自体は、記者が横からチャチャを入れていたのが悪かったのか、両プロともにサービス精神旺盛なのか、常にユーザー側が1位を取るという展開に。急きょ行われた記者との直接対決でも、事前に“振り込み野郎”の異名を持っていると言ったのを覚えていてくれたのか、明らかな「清一色(チンイツ)」(※「字牌」が混じっておらず、一種類の牌のみで構成する)狙いの手に気付かないふりをして、勝利を譲ってくれるほどフレンドリーな雰囲気の中で行われていた。

ボイスチャットを介して麻雀をやる楽しさ

photo 山口まやプロ

 つつがなくプロチャレンジ杯が終了した後、近藤プロと山口プロにイベントの感想などを聞くことができた。対戦したユーザーのレベルについて、「前もそうでしたけど、ユーザーさんはいつも強い。プロチャレンジの意味はプロ“に”チャレンジではなく、プロ“が”チャレンジですね」と山口プロは笑いながら語る。ただ、それ以上にCPUが強いと感じるそうで、これに同意した近藤プロからは「CPUは人と違ってある程度オーソドックスな打ち方をしてくる。それが逆につらいんです」との意見が聞かれた。

 また、プロ雀士は公式の対局では黙って打つのが基本となっているが、山口プロはボイスチャットを介してみんなで話しながらプレイするほうが好きだという。「公式の対局では黙ってやるのが普通なんですが、私はみんなで話しながら打つほうが好きなので、ボイスチャットはすごく気にいりました。遊びでやるのだから、話しながら楽しくやったほうが良いですよ。ボイスチャットだと“あっ!”とか声を出しちゃうから勝負にならないという人もいるかもしれませんけど、それは普通に卓を囲んで打っていたとしても、表情などで分かりますから。声で手牌がバレてしまう、といったことは気にしないで良いのではないでしょうか」

photo 近藤誠一プロ

 一方の近藤プロは、ゲームのマージャンの利点について、いくつかの具体例を挙げながら説明してくれた。「卓を囲んでやる現実のマージャンと違って、山が崩れるといったトラブルがまず起きないのが良いですね。間違って操作してしまうことはあるかもしれませんけど、それは慣れでどうにかなるでしょうし、あくまで自己の問題なので、ほかの人とトラブルになることはないですから。それと、公式の大事な対局の場合、記録係が手書きで記録を取っているんですが、ゲームを使えば記録が残るという面もあります。記録というのは、プロの雀士でも上のリーグにいかないと取ってもらえないものなので、ゲームをプレイしながら自分で記録を取って、自分の悪いところを調整していく、といったことも可能だと思います」

 これには山口プロも同じ意見だったようで「最高位戦日本プロ麻雀協会には40〜50人の研修生がいるのですが、学習する場がないんです。ですから、闘龍門のオンライン対戦で、対局する人たちでルールを決められるようになったり、観戦モードでみんなで議論できるようになれば、マージャン業界自体の可能性も大きくなると思います。データで残っていると、マージャンを知らない人に説明をする時も“ここでこうしたからこうなった”と理由を説明しやすくなりますし。データ採取にはうってつけだと思うので、ぜひ次は入れてください」と、その場にいたAQインタラクティブのスタッフに次回作の要望をするほどだった。

 なお、次回のプロチャレンジ杯は現在のところ未定だが、こちらでもお伝えしているように、2006年3月26日に東京・秋葉原にある秋葉原コンベンションホールにて、「通信対戦麻雀 闘龍門杯」が開催される。大会参加者でなくとも、勝利者を予想・的中させればプレゼントももらえるそうなので、興味のある人はぜひ足を運んでいただきたい。

タイトル名通信対戦麻雀 闘龍門
発売日発売中
価格(税込)6090円
大会参加通信対戦大会参加時にはチケット購入が必要(2006年4月1日まで無料)
(C) 2006 AQ INTERACTIVE Inc.
(C)Yuki Enterprise Inc.


[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping