ニュース
2006年03月17日 20時00分 更新

今年のフェアは宇宙がテーマ!?――ソフトバンクが春のアキバフェアを開催

 ソフトバンク クリエイティブは、4月1日から秋葉原で春の書籍フェアを開催する。

 今回のフェアは、近い未来に地球にいん石が衝突することが明らかになった、という設定のもとで行われるもの。

 「ある日、星空を眺めていたジャスティス博士は、いん石が地球に向かって飛んでくるのを発見する。衝突を回避するため、博士はいん石の弾道を予測するためのプログラマと、いん石を破壊するためのメカを操縦するゲーマーを育てるべく、2体の少女ロボットとともに本を売って歩くのだった……」というのがフェアを取り巻く大まかなストーリー。要するに本を買って勉強し、地球を救う騎士になろうというものだ。

 アキバ中のほとんどの書店がフェアに参加しており、開催店舗で対象書籍を購入すると、冊数に応じて人気イラストレーター葉賀ユイ氏のイラスト入りテレカや、クリアファイルといった限定アイテムがもらえる。

 さらに、キャンペーン最終日の5月7日にはラオックス ザ・コンピュータ館にてオリジナルグッズが当たる抽選会を開催。抽選会当日には、キャンペーンのイメージキャラクター「ソフィ」と「クリエ」に扮したコスプレイヤーさんも会場に駆けつける予定だ。

 対象書籍の帯に付いているチケット1枚につき1回抽選できるので、気になる本がある人はこの機会にゲットしよう。

 フェア期間は5月7日まで。詳細は公式サイトを参照のこと。

画像画像 今回のキャンペーンキャラクター「クリエ」(左)と「ソフィー」(右)

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping