ニュース
2006年03月28日 19時10分 更新

「牌の混ざり具合」にこだわった「Maru-Jan3」βテスト開始

 シグナルトークのオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」が、全自動麻雀卓メーカー大洋化学との事業提携により、「Maru-Jan3」へと移行しようとしている。

 「Maru-Jan」は、「私が麻雀に勝てないのはおかしい」、「本当の麻雀卓はもっと違う牌の流れがある」というユーザーの声を重く受け止め、さらなるリアルを求め、「牌の混ざり具合」を徹底的に研究し、さらなる深い世界へと踏み込もうとしている。この最新全自動麻雀卓AMOS SAVIORを再現した「Maru-Jan3」の無料βテスト第1回目が、3月29日の16時から開始される。

 ちなみにこのオープンβテストは、3月29日より複数回、時間限定で行われる。「Maru-Jan」の会員登録をしていないユーザーがテストに参加するには、専用の「βテスター募集ページ」からの新規登録が必要とのこと。

wk_060328maru01.jpgwk_060328maru02.jpg 「Maru-Jan3」では、牌の画像もよりリアルに新調された「AMOS卓」でのプレイとなるが、牌職人が実際に描き込んだ「Maru-Jan2」の画像を、「CLASSIC卓」として引き続きプレイできるようにもなっている
(C) SignalTalk 2004 , Signal Talk Corporation All Rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping