トップ10
2006年03月29日 15時00分 更新

次第に明らかになるレボリューション(仮称)の姿

先週はやっぱり? というか、レボリューション(仮称)でメガドライブとPCエンジンのタイトル配信決定ニュースが1位でした。次第に明らかになるレボリューション(仮称)の戦略ですが、今後も目が離せません。

 サンノゼで開催された「GDC 2006」における任天堂岩田聡社長の基調講演で、メガドライブ(ジェネシス)やPCエンジンのタイトルが、「バーチャルコンソール」で提供されることが発表されました。昨年の「Nintendo E3 2005 Press Conference」で、すでに任天堂のファミコンとスーパーファミコンのタイトルが配信されることは発表されていますが、これはまあ“想定内”の出来事としても、まさかメガドラとPCエンジンが加わるとは。かつて発売されたゲームボーイアドバンスの「ファミコンミニ」もそうですが、“なつかしゲー”がプレイしたくてレボリューションを買う人はそれほど多くないと思いますが、購入動機の1つのフックになることは間違いないでしょう。

 なんてことを考えている間にも、今週末には4月に突入。前半戦の大イベント「E3 2006」ももう目の前です。岩田社長からの“サプライズ”は、まだ用意されているんでしょうか。早く5月が来ないかな、と思ってみたりします。

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping