ニュース
2006年04月05日 19時13分 更新

「君主」、GASHサービスをスタート。アップデート実施で2カ国が開国

 ゲームポットは、ガマニアデジタルエンターテインメントとMMORPG「君主」のサービスにおいて事業提携し、4月5日よりGASHでのサービスを開始すると発表した。これによりGASHのユーザー管理インタフェース「MY GASH」にて君主のアカウント取得が可能になり、GASHポイントを使用してゲーム内の君主ポイント(KP)を購入することができる。

 また君主では4月7日にアップデートが行われる。新たに2カ国の開国、株式公開を行い、同時に農耕術スキルを実装する。

 株式システムは、ゲーム内ワールド「エルマシア」に存在する約40の都市国家が開国すると同時に、一般プレーヤーを対象に発行し公開するもの。これまで6カ国で株式公開を行なわれている。株式公開をすることで、その国の運営が始まり、プレーヤーは自治を任せられる。

hn_kunshu1.jpghn_kunshu2.jpg
hn_kunshu3.jpghn_kunshu4.jpg

 4月7日の午後3時に農業国家「ティンジャーラ国」、同日午後9時に鉄鉱技術に優れた「ガランダ国」が開国する。それに合わせ、第6回株式公開が開催される。両国とも収入を得る方法が独自に確立しているため、ほかの国に比べ多くの収入が望める。またティンジャーラ国では、農耕術スキルが実装され、国内にある畑で農耕を楽しむことができる。「鎌」を用いることで、各種食べ物アイテムの収穫が可能になる。料理を頻繁に行うプレーヤーに、おすすめのスキルである。

 今回発行される株数は2万株。公開時の価格は、1株1万Q(ゲーム内マネー)で、1口あたりの株数は20株だが、公開後に証券所や個人間の取引を通じて持ち株数を増やすことができる。第5回同様抽選制を採用する。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping