ニュース
2006年04月05日 23時59分 更新

システムソフト、20年ぶりに復活「ファンタジーナイトII」を発売

画像

 システムソフト・アルファーは、シミュレーションゲーム「ファンタジーナイトII」を5月11日に発売すると発表。価格は1万290円。

 ファンタジーナイトは同社の「大戦略」から派生し、「マスターオブモンスターズ」シリーズのベースともなった作品で、発売されたのは1987年。今回の「ファンタジーナイトII」はまさに“久々の”新作だと言える。460×340ヘックスで構成されたマップ「ヴァスティーク大陸」で、プレイヤーは5つの国から所属国を選択し、15種類の種族から雇用し、部隊を編成。指揮官として種族独特の能力を生かしながら、国家間の戦争で勝利を目指して戦っていくことになる。

 本作には「ルーシェ」、「アルタニス」、「メルフィ」の3人の王女が登場し、どの国に所属していても誰か一人に必ずプレイヤーは仕える身分となる。王女の命令は絶対服従で、戦果を挙げられなかったり、例えそれが気まぐれな指示であっても遂行できなければ信頼が低下しまう。場合によっては、解雇という結果もあるので戦争面だけではなく王女との信頼関係も、ゲームの重要ポイントとなっているのだ。

 ストラテジーのタイトルでは名作を数多く抱える同社の作品だけに、ストレスのないインタフェースや戦闘システム、ゲームバランスについては信頼できるだけに、発売が待たれるタイトルだ。

画像画像画像

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping