ニュース
2006年04月11日 15時43分 更新

メディアクリエイト、「オンラインゲームユーザー動向調査」の結果を発表

 メディアクリエイトは、2006年2月23日から3月9日にかけて実施した「オンラインゲームユーザー動向調査」の結果の一部を発表した。この調査は、同社が2006年4月21日に発行予定の「2006オンラインゲーム白書」の製作にあたり、コミュニティサイト「Another Me for Gamers」、およびオンラインゲーム情報サイト「MMO総合研究所」の協力により行われたもので、アンケートは両サイト上にて“オンラインゲームをプレイしたことがある人”を対象に実施され、今回の結果発表も両サイトの特設ページ内で行われている。

 その一部を紹介すると、「遊んだことがあるオンラインゲームは?」で最も多かったのは「ラグナロクオンライン」、次いで「ファイナルファンタジーXI」、「スカッとゴルフ パンヤ」の順となっているという。これまでオンラインゲームと言えば「ラグナロクオンライン」のようなMMORPGが主流であったが、「スカッとゴルフ パンヤ」のようなカジュアルなオンラインゲームがランクインしていることからも、オンラインゲームの多様化、ジャンル拡大がうかがえるだろう。

 また、1タイトルあたりの有料プレイ期間を尋ねた質問では「1年以上2年未満」が最も多く、実に62.6%の回答者が1年以上に渡ってひとつのタイトルを遊んでいることが結果として出ているとのことだ。このほかにも、両サイト上では「2006オンラインゲーム白書」の発売に先駆け、いくつかのアンケートの結果を見ることが可能となっているので、気になる人はぜひともチェックしてみてもらえればと思う。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping