ニュース
2006年04月21日 13時56分 更新

「ゼノサーガ エピソードIII」はこう戦えり――新キャラも登場 (1/6)

次第にその全容が見えてきた2006年7月6日に発売を予定しているプレイステーション 2用ソフト「ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]」。今回は5人のキャラクターやバトルについて紹介する。
wk_060421zeno01.jpg

 バンダイナムコゲームスから2006年7月6日に発売を予定しているプレイステーション 2用ソフト「ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]」は、前作「ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸]」の1年後の宇宙を舞台した「ゼノサーガ」シリーズの完結編となる。

 今回は「ジギー」をはじめ、イベントプレーヤーキャラクターの「カナン」や「ミユキ」、NPCの「ヴォイジャー」や「ドクトゥス」を紹介する。また、本作ゲームシステムの要となるバトルシステムについても紐解いてみよう。


ジギー(CV:江原 正士)

wk_060421zeno02.jpg ジギー

 星団連邦政府接触小委員会所属の戦闘用サイボーグ。過去に連邦警察第1875特殊作戦司令部に所属していたが、殉職したのち戦闘用サイボーグとして復職をする。自らが人間であった証、サイボーグ化した身体に僅かに残った生体部品の除去を望んでいたが、M.O.M.O.やJr.たちと出会うことにより、そういった考えは若干改まったようである。しかし、そのために生体脳にノイズとして残った生前の辛い思い出を忘れられぬまま日々を過ごしている。


wk_060421zeno03.jpg ジギーの後ろにはゾハルを模したプレートのようなものが見える。彼にとって因縁のある場所のようだ
wk_060421zeno04.jpg ジギーの武器はサイボーグに改造された肉体そのものだ
wk_060421zeno05.jpg ジギーの必殺技は強力な武器を転送して使用するものが多い。必殺技「ハインド」発動の瞬間


カナン(CV:神谷 浩史)

wk_060421zeno06.jpg カナン

 ヴェクター・インダストリーによって制作された特殊記録素子搭載型レアリエン。データのバックアップや解析能力に優れているだけでなく、E.S.の操縦技術や、格闘戦闘などの能力も通常のレアリエンに比べ突出している。プログラム・カナンというシステムを搭載しているが、それがどういったプログラムであるかはカナン本人ですら知らない。特定の期間中のみプレイヤーキャラクターとしての操作が可能。


wk_060421zeno07.jpg ドクトゥス(後述)のA.M.W.S.に同乗するカナン。シオンの作戦に協力してくれているようだ
wk_060421zeno08.jpg カナンが「隊長」と呼びかける相手は一体誰なのだろうか?
wk_060421zeno09.jpg ミユキ(後述)と同時期に操作可能なカナン。装備武器はナイフ


ミユキ・イツミ(CV:宇和川 恵美)

wk_060421zeno10.jpg ミユキ・イツミ

 ヴェクター・インダストリー第二開発局所属のシステムプログラマー。シオンとアレンの後輩で、常に明るく元気な性格が取り柄。新兵器の開発を趣味とし、次々と武器を開発してはシオンにテスト運用を頼んでくる。今作ではカナン同様特定の期間中のみプレイヤーキャラクターとしての操作が可能。


wk_060421zeno11.jpg 若干つめが甘いミユキの失敗にシオンが尻拭いをすることもしばしば
wk_060421zeno12.jpg こう見えてもミユキはヴェクター第二開発局に所属する優秀なシステムプログラマーである
wk_060421zeno13.jpg ミユキは潜入服だけでなく、ヴェクターの制服姿で戦うことも


       1|2|3|4|5|6 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping