Fantasy Earth
PR
Special
2006年04月26日 00時34分 更新

ファンタジーアース体験入国奮闘記:渡る世界は敵や味方やモンスターばかり(その6)

幻想の大地に新しい風が吹く 〜バージョンアップを堪能せよ (1/3)

「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」の体験リポートもこれにてとりあえず最終回となった。先日実装された大幅バージョンアップなどリポートしよう。
wk_060425fe01.jpg

 「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」の体験リポート最終回である。1次βテストから数えれば、実に4カ月以上に渡ってリポートをしてきたことになる。へたれスカウトkirianとのつきあいもかれこれ2カ月。レベルもあがり、本作の楽しみどころもわかってきたところで寂しくもあるが、リポートはひとまず終わりである。レベル25までのkirianの足取りとともに、先日実装された本作初の大幅バージョンアップについてご報告しよう。

まずはちょっぴり自慢げなご報告から

4月某日

 「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」初の大幅なバージョンアップが4月14日に実装された。さっそくバージョンアップがいかなるものか体験しようとログイン! 新召喚モンスターの実装などを含む大きなバージョンアップなので、ファイルのダウンロード作業にはけっこう時間がかかるのだとかまえていたのだが、意外とあっさり終了。つつがなくプレイ画面へと移行することができた。

 しかし、何くわぬ顔で首都に降り立ち、自身のアイテム一覧を見たkirianはある異変に気付いた。前回ログインまでは所持していなかったアイテムが、ひとつ紛れ込んでいるのだ。「お! 何じゃこりゃ」とよくよく見ると、それは「ジェントルモノクル」という頭装備のアイテムだった。

 思い起こせば1カ月前。筆者は「プレイオンラインフェスタ2006」で普通に当日枠でエントリーをし、本作の特殊ルールプレイに参加した。そのときの記念品であるレアアイテムが、こうして今kirianの手元にやってきたのである。

 有無を言わさずさっそく装備!してみたはよかったが、どうにも現時点でのレンジャーショーツ(青い半ズボンキャラ)には似合っていないようだった。まあそれでもイベント参加者しか入手できなかったレアアイテムなので、縁起物ということで装備しておくことにした。さて、今日も今日とて戦争戦争。そして肝心なのはバージョンアップの中身だ。

wk_060425fe02.jpg イベントで行われたトルクマイヤ・デスマッチのひとコマ。ひたすら敵をキルしていく特殊ルールだった。いずれまた別のイベントでも行われるかも…。期待して待とう
wk_060425fe03.jpg 渋い片眼鏡。怪盗ルパンのような装備があればバッチリ似あうと思われる

王様のためならえ〜んやこ〜ら〜ぁ 〜戦術目標システムが登場

 もはや馴染みの場所、というか我が家と言っても過言ではない首都ベインワット。多くの国民で賑わうその首都にマネージャーというNPCが存在する。街中に何人か点在している彼らに話しかけると、今までは国民数や制圧フィールド数などの国に関する概況を知ることができた。そして今回のバージョンアップで、マネージャーから知りえる情報が追加されたのだ。それが「戦術目標」である。

 画面上には「現在の目標」と称して、たとえば「残り5時間ゴブリンフォークを占領し、守りきること!」などと書いてある。その都度提示される目標を守ることができれば、報酬として、特定のショップに特別なアイテムが販売されたりするのだから、熱心なプレーヤーであれば見逃す手はない。常に「今のうちの目標ってなんだっけ」とチェックしている人も多いのではないだろうか。

 実際に「目標」を掲げられるとやはり気になるもので「あ、今まだあそこ大丈夫」とか「あそこが攻められたらぜがひでも守らんとなあ」という心理が働くものだ。国ごとに目標は違うので、国民の連帯感をより強くするスパイスにもなる戦術目標システムは、歓迎されて然るべき新要素だと感じた。

wk_060425fe04.jpgwk_060425fe05.jpg 戦術目標の画面。王ヒュンケルと娘エリスのやりとりが微笑ましい。

今回のバージョンアップの目玉! 〜冥界からの使者レイスを体験

4月某日

wk_060425fe06.jpg 左に浮いているのがにっくきレイス。暗闇を操るモンスターだ

 ひたすら戦争を繰り返しレベル24。そんな折、kirianは今日初めてレイスになった。レイスというのは14日のバージョンアップで実装された新召喚モンスターだ。クリスタル40個を持つプレーヤーがゲートオブハデスという建造物を使って召喚することができる強力なモンスターで、その姿は闇を司りすべてを無に帰す力を持つ死神そのもの。その恐ろしい能力には、14日以降のプレイで、kirianも幾度となく苦しめられてきた。


 レイスが持つスキルは、剣で攻撃する「ギロチンソード」、冷気で敵の動きを鈍らせる「アイスバインド」、レイスの周囲を暗闇に包む「ダークミスト」の3つ。なかでもダークミストのインパクトと効果はすさまじい。効果発生中はPow(パワー)を消費していき、Powが0になると解除されるので、暗闇が永遠に続くわけではないのだが、それでも、戦闘中の敵国レイスのダークミストは、かなりの妨害効果があり、戦局に大いなる影響を与える。おそらくその影響力が大きいからだろう、同時に2体までしか召喚できないという制限つきである。

wk_060425fe07.jpg ダークミストをくらっているkirian。周囲のプレーヤーも闇に包まれ視界が遮られている

 前回、遅まきながらジャイアントとナイトを経験し、その面白さに触れたkirianはレイスにもなりたい!と強く思っていた。しかし一度に2体まで、という制限や、何だかタイミング的なもので、レイスになることなく幾度かの戦争を過ごしてきたのだった。「まあいい。そのうちチャンスが来るだろう」と思っていた矢先のことだ。とある戦争で、クリ銀さんにクリスタルが貯まり「誰かレイスいきませんかー」という発言が飛び出したのだった。


機は熟せり!

       1|2|3 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:スクウェア・エニックス
企画:アイティメディア営業局/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年4月30日

Fantasy Earth