ニュース
2006年05月18日 21時25分 更新

足下悪くても「beatmaniaIIDX 11 IIDX RED」発売記念イベントは盛況

wk_060518beat01.jpg 星野奏子さんの呼びかけで会場のボルテージが一気に上がる

 コナミデジタルエンタテインメントは5月18日、東京・秋葉原のヤマギワソフト館8階でプレイステーション 2用ソフト「beatmaniaIIDX 11 IIDX RED」の発売記念イベントを開催した。当日は、あいにくの雨模様にもかかわらず、入場待ちをする列は長く伸びていた。というのも、家庭用ゲーム機用「beatmaniaIIDX」のイベントは初であり、それだけ貴重価値があるとのこと。

 冒頭、星野奏子さんによるミニライブからはじまった。1曲目は「beatmaniaIIDX13 DistorteD」にも収録されている「タシカナモノ」。2曲目は星野さんのデビュー曲ともなり本作にも収録されているDJ Yoshitaka作曲「D.A.N.C.E.!」が披露された。


wk_060518beat02.jpg

 その後、スペシャルゲストでもあるdj TAKA、L.E.D.、DJ Yoshitaka、Tatshの4人も加わりトークショウが行われ、製作秘話が語られた。本人撮影の収録楽曲でもっとも好きな曲はとの質問に、L.E.D.さんは「SOLITON BEAM」を挙げ、家庭用ゲーム機用新曲であるという点で気に入っていると解答。実はほかにも仕込んでいる曲があることを匂わせる。もっともプレイしてほしい曲にDJ Yoshitakaさんは、「beatmaniaIIDX13 DistorteD」に収録されている「wish」という曲を挙げ、高いスコアを出すと隠し曲が出るのでぜひとも遊んでほしいとアピールした。ほかのアーティストの曲で気になるものはと質問されたdj TAKAさんは「EVO66」を挙げ会場を沸かせる。また、今回のための新曲「Love Again...」を製作する際、実は広島のホテルで作ったことを披露したTatshさんは、その時あまりはかどらなかったと振り返る。このほかにもゴールデンウィークのそれぞれの過ごし方など、会場でなければ聞けない貴重な話が満載だった。

 PS2版の「beatmaniaIIDX 11 IIDX RED」にはライブでも歌った「D.A.N.C.E.!」のほか、「太陽〜T・A・I・Y・O〜」と新曲「リグレット」も収録されている星野さんは、「やっと独り立ちできました」と感慨深い。「だけど後悔という意味なんです」と幸先が悪いことを言い笑わせる。「でも後悔しないように生きていってほしいという意味で書いた曲なんです」と、リグレットの宣伝にも余念がない。実は星野さんはアルバム製作が動き出したとのこと。カスタムファクトリーでの受付次第なので、ファンはぜひ購入の意思を表してもらいたい。デビューから2年の奇跡がぎゅっと詰め込まれたアルバムになるとのことで、新曲も収録されるかも……と期待させる。

 トークショウのあとはサイン色紙など豪華賞品がもらえるクイズ大会やジャンケン大会が行われ、お開きになった。

wk_060518beat05.jpgwk_060518beat07.jpgwk_060518beat06.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping