ニュース
2006年06月14日 19時59分 更新

4つのゲームソフトメーカーの人気キャラクターが集結――「カオス ウォーズ」 (1/4)

アトラス、レッド・エンタテインメント、アルゼ、アイディアファクトリーの4つのゲームソフトメーカーが夢のコラボレーション。「カオス ウォーズ」はいろいろ盛りだくさんなんです。
wk_060614if01.jpg

 アイディアファクトリーは、アトラス、レッド・エンタテインメント、アルゼ、そして自社のタイトルから人気キャラクターを集結させたプレイステーション 2用ソフト「カオス ウォーズ」を2006年9月21日に発売する。価格は税込み7140円。

 アトラスからは「グローランサー」シリーズ、レッドからは「ガングレイヴ」シリーズと「新選組群狼伝」、アルゼからは「シャドウハーツ」シリーズ、アイディアファクトリーからは「ネバーランド」シリーズと「破滅のマルス」が参戦するこの夢のコラボレーション作品はいったいどんな内容なのか? 


wk_060614if02.jpg

 舞台となるのは「エンディア」と呼ばれる異世界。そこは異世界から色々なものが堕ちてくる終端の世界。エンディアは8つの島々で構成されており、中央に位置する生命の塔の周りを取り囲むように、島々が浮かんでいる。それぞれ気候、風土、地形が異なり、クエスト、イベントはここで発生し、行き来するごとに物語が進んでいくという。位置は近くてもまるで異なる様相を見せる島の環境では、独自の生態系も持っており、棲息するモンスターすた異なっている。居住者も異なるので、クエスト内容によっては敵はモンスターでないかもしれない。

 この異世界をゲームオリジナルキャラクターである日下兵真たちが、元の世界に帰る方法を探すため、異世界からの召喚者たちとともに協力していく事になる。


ストーリー

wk_060614if03.jpg

「ねぇねぇ。ホントーにあるの? その洞窟。地底人とかいるかなぁ……」

「地底人って……あのなあ、そうやないやろ。遺跡といえば秘められた財宝や!」

「んなのは、どうでも良いんだよ。ジジィの言ってたことを確かめるだけなんだからさ……」

私立月岡学園高等部の1年日下兵真は、最近学校の裏山で見た不思議な光に見せられていた。

日下は祖父に「異世界への扉が開く時、不思議な緑の光が見えるのじゃ。そうやって日下のご先祖はこの地にやってきた」と伝え聞いていた。

かくして日下は、凶暴女こと「雫」と、幼馴染の「ハヤテ」とともに、学園の裏山の探索をすることにした。別に信じていたわけではないが、学校をサボる口実として……。

しかし、それは不思議な光に包まれた、洞窟を見るまでは。

こうして彼らは「エンディア」へと飛ぶ。冒険は訳が分からないまま幕を開けた。


本作オリジナルキャラクター

日下 兵真

wk_060614if04.jpg
wk_060614if05.jpg 目つきも口調も趣味も悪い、本作の主人公。何事もそつなくこなすが飽きっぽく、目標を探し求めていたところ、エンディアへの入口を見つけてしまう


珠城 雫

wk_060614if06.jpg
wk_060614if07.jpg 格闘ゲームが趣味という、活発なのかインドア派なのかわからない少女。兵真と同い年で、段持ちの剣道の腕を生かしてハリセンを振り回す不届き者でもある


無堂院 疾風丸

wk_060614if08.jpg
wk_060614if09.jpg 兵真の同級生で漫才好きな、自称関西人。兵真を相方と呼び、兵真自身には、日々嫌がられている。そんな性格だが、空手道場の息子だけあって武道の腕は確かなもの


リィン

wk_060614if10.jpg
wk_060614if11.jpg 8つの島への唯一の通路、ゲートを開く能力を持つ者を「ゲートマスター」と呼ぶ。リィンは世にもまれな先天性のゲートマスターで、彼女がキーを使うことで、ゲートの力を引き出すことができる。ゲートは、国の共有の財産とされている

       1|2|3|4 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping