ニュース
2006年06月19日 16時45分 更新

ガンホーなど3社、プリペイド式電子マネーを発行――2006年夏より実施

 ソフトバンク・ペイメント・サービスとガンホー・オンライン・エンターテイメント、グレートインフォメーションの3社は、インターネット上で利用できるカードレスプリペイド式電子マネーを2006年夏をめどに発行し、コンビニエンスストアなどに加盟を呼びかけるとともに、電子マネーを運営するための合弁会社設立を検討することについて、基本合意を締結したと発表した。

 今後サービスを検討しているのは、コンビニエンスストアの情報端末および店頭で販売される「プリペイド番号認証方式」と「電話番号認証方式」の2種類。

 プリペイド番号認証方式は、インターネット上でコンテンツやサービスを提供する各事業者の支払い画面で、購入時に発行される16けたのプリペイド番号を入力することで、認証および支払い処理が行われるというもの。

 電話番号認証方式では、コンビニエンスストアなどで事前に登録した電話番号から、各事業者の支払い画面に表示される決済用電話番号に発信することで、認証および支払いが行われる。リリースによると、おもに携帯電話からコンテンツを購入する際での利用が見込まれているとのこと。

 これらの展開にあたっては、ソフトバンク・ペイメント・サービスがデジタルコンテンツ事業者の加盟促進および加盟事業者への決済処理サービスを提供。ガンホーが自社のオンラインゲームへこの方式を採用するとともに、他のオンラインゲーム事業者をはじめとするデジタルコンテンツ事業者への加盟促進を呼びかける。グレートインフォメーションは、これら電子マネーの発行を行うとのことだ。

[村上 敬,アイティセレクト編集部,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping