ニュース
2006年06月19日 22時10分 更新

魚たちは珊瑚礁の海へ――「AQUAZONE」新作

イーフロンティアは、熱帯魚鑑賞シミュレーションソフトの最新作「AQUAZONE Open Water 琉球珊瑚の海」を7月14日に発売する。価格は2940円。
og_aqua_001.jpg

 イーフロンティアは6月19日、熱帯魚鑑賞シミュレーションソフト「AQUAZONE」シリーズの最新作となる「AQUAZONE Open Water 琉球珊瑚の海」を発表、7月14日に発売する。価格は2940円(税込み)。

 AQUAZONEシリーズは、水中の空間をリアルな3Dで再現し、涼しげに泳ぎ回る熱帯魚や水生生物をディスプレイ上で鑑賞できるソフト。AIエンジンの搭載により自然な遊泳パターンを実現するほか、スクリーンセーバーや自動カメラ移動などの演出機能を備える。今回のAQUAZONE Open Water 琉球珊瑚の海では、水中の様子が従来の水槽ではなく、琉球地方の珊瑚礁をイメージしたステージへと変更されているのが特徴だ。

 収録される生物は、ルリスズメダイ、シリキルリスズメダイ、ヨスジリュウキュウスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クレナイニセスズメ、トゲチョウチョウウオ、ナンヨウハギ、キイロハギ、ツバメウオ、タテジマキンチャクダイ(成魚・稚魚)、クマノミ、カクレクマノミ、ハマクマノミ、ハナビラクマノミ、トウアカクマノミ、アオウミガメ、ツマグロ(ブラックチップシャーク)、オニイトマキエイ(マンタ)の計19種類。また、オンライン熱帯魚ショップ「AZ-Shop」から魚やステージを追加したり、ほかのOpenWaterシリーズのパッケージを組み合わせることもできる。

 対応OSは、Microsoft Windows XP/2000。

og_aqua_002.jpgog_aqua_003.jpgog_aqua_004.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping