ニュース
2006年06月22日 19時46分 更新

「ローズオンライン」推奨PCがG-Tuneから

MCJは、オンラインRPG「ローズオンライン エボリューション」の動作推奨スペックPCを6月22日より販売開始した。デスクトップPCとキューブ型PCの2モデルがラインアップされる。
og_rose_001.jpg 「NEXTGEAR L3500DP-RO」(ディスプレイ別売)

 MCJは6月22日、オンラインRPGタイトル「ローズオンライン エボリューション」の動作推奨モデルとして、「NEXTGEAR L3500DP-RO」および「NEXTGEAR CUBE L1000G-RO」の販売を開始した。同日大規模アップデートが行われたローズオンライン エボリューションのオリジナルクライアントCDをバンドルし、商品到着後すぐにプレイできるのが特徴だ。両モデルともCPUやHDD、光学ドライブなど各種カスタマイズが行えるBTOにも対応する。

 NEXTGEAR L3500DP-ROはシリーズ中もっともハイエンドに位置するタワー型PCで、CPUにデュアルコアのPentium D 940(3.2GHz)を搭載、またグラフィックスにはNVIDIA GeForce 7600 GT搭載カードを採用する。多数のプレイヤーが集う場所や大規模な戦闘時でも、高解像度かつ安定したゲームプレイが可能だという。そのほかの基本スペックは、2048MバイトのDDR2 SDRAM、250GバイトのSerialATA HDD、2層書き込みに対応した16倍速DVDスーパーマルチドライブとなっている。価格は13万9860円(税込み)。

 一方、NEXTGEAR CUBE L1000G-ROはキューブ型筐体を採用したモデルで、BTX規格に準拠し高い静音性を実現したのが特徴。こちらのスペックは、Pentium 4 630(3GHz)、1024MバイトDDR SDRAM、250GバイトSerial ATA HDD、NVIDIA GeForce 6600搭載グラフィックスカードとなる。価格は12万4950円(税込み)。

og_rose_002.jpgog_rose_003.jpg 「NEXTGEAR CUBE L1000G-RO」(ディスプレイ別売/写真=左)。初回購入特典としてローズオンラインの絵柄入りオリジナルマウスパッドとプロモーションビデオを収録したCD-ROMが付属する(写真=右)

 なお、販売はハイエンドゲームPCブランド「G-Tune」とマウスコンピューターダイレクトショップ、および電話直販を通じて行われる。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping