ニュース
2006年06月26日 15時50分 更新

ほぼすべてを一新して復活。生まれ変わった「テイルズ オブ デスティニー」

「テイルズ オブ」シリーズ2作目にして、シリーズ初となる続編が登場したことでも話題を呼んだ「テイルズ オブ デスティニー」。発売から9年の時を経て、単なる移植ではない、完全なるセルフカバー作品として、2006年冬にPS2で復活を果たす。
photo

 1997年12月にプレイステーション用ソフトとして発売された「テイルズ オブ デスティニー」(以下、TOD)。続編となるプレイステーション 2用ソフト「テイルズ オブ デスティニー2」が発売されたものの、これまで一度も他機種に移植されることのなかった本作が、完全なるセルフカバー(リメイク)作品として、プレイステーション 2に復活する。


テイルズ オブ デスティニー ストーリー

photo

 若者の名はスタン・エルロン。

 望みは、王国の兵士としての名声を得ること。

 大国セインガルドをめざし 飛行竜に密航したのも束の間、モンスターの襲来により スタンは絶体絶命の危機を迎える。

 しかし倉庫で見つけた一本の剣が彼の命を救った。

 「人格を宿す剣」ディムロスとの出会い。

 この出会いを境にして、スタンの運命は大きく変わってゆく…。

photo スタン・エルロン(CV:関智一)
フィッツガルド・リーネ村出身の青年。早くに両親を亡くし、妹のリリスとともに祖父によって育てられた。そのため、家族を幸せにしたいという思いが強い。性格は純粋でまっすぐ。どんな困難に直面しても己が信念を曲げない芯の強さを持ち合わせている
photo ルーティ・カトレット(CV:今井由香)
セインガルド王国にあるクレスタの街の出身。レンズハンターとして旅の生活を続けている。金銭に対して非常にシビアな考え方を持ち、「金の亡者」、「守銭奴」などと形容されることもしばしば。時には「強欲の魔女」などと呼ばれたりする。金のためならば犯罪すれすれの行為に手を染めることもいとわない



 ここからも分かる通り、主人公はスタンで、物言う剣「ディムロス」との運命的な出会いから始まり、いくつもの出会いや衝撃的な別れを紡ぎながら物語が展開するという、従来のストーリーに大きな変更はない。

 ただ、ほぼすべてのセリフを新たに書き起こしているほか、メインシナリオも声優陣による完全フルボイス化を実現、さらにはサブイベントの追加による物語構成の充実化や、より登場人物の内面に深く関わるセリフを追加収録しているなど、すでにプレイステーション版をプレイ済というユーザーでも、新鮮な気持ちで遊ぶことができる仕掛けは多数用意されている。

photophotophoto

 また、見た目の大きな違いとしては、より臨場感あふれる柔らかな描写でTOD世界を描き直していることや、ダンジョンを完全3D化することにより、2Dに比べて広大なエリアを冒険することができるようになった点が挙がる。ダンジョン内の仕掛けも3Dならではものへと変更されているという。

photophotophoto
photophotophoto

 このほか、プレイステーション版では画面の下部分でキャラクター同士の会話を楽しむことができた「アクティブパーティウィンドウ」が、本作ではよりキャラクターの魅力を引き出した“新たなチャットシステム”に、戦闘システムも「エンハンスト・リニアモーションバトル(E-LMB)」の良さを最大限に生かした“新しいバトルシステム”へと、それぞれ進化することが明らかにされている。こちらの詳細は近いうちに公開されるとのことなので、今は楽しみに待っていてもらいたい。

photophotophoto
photophotophoto バトル画面 スクリーンショット。見た目も十分に変わっているが、どのような進化を遂げているのだろうか?
テイルズ オブ デスティニー
対応機種プレイステーション 2
メーカーバンダイナムコゲームス
ジャンル運命という名のRPG
発売日2006年冬
価格未定
※画面は開発中のものです。
(C)いのまたむつみ (C)1997 2006 NBGI


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping