ニュース
2006年06月28日 21時17分 更新

「君主」、避暑地に最適な「氷の城」をリニューアルオープン

 ゲームポッドが運営するMMORPG「君主」では6月28日、ダンジョン「氷の城」のリニューアル、召喚獣の追加および新施設「不動産取引所」の実装が行われた。

 ダンジョン「氷の城」はリニューアルオープンと銘打っているが、実際にはマップ、敵モンスター、BGMの変更とダンジョンの名前以外は全面的に変更されている。ボスモンスター「フローズンクイーン」は最深部「フローズンクイーンの部屋」で、ユーザーの到着を待っている。避暑も兼ねて新たな氷の城に乗り込んでみよう。

画像画像画像

 6月14日に導入されたばかりの召喚術スキルだが、新たに10対の召喚獣が今回追加されるのは、初心者向けダンジョンに出現する「小さな森」のモンスター7体、「トキヤ」に出現するモンスター3体で、どれも以前の召喚獣より高い能力値を持っている。

画像画像

 不動産も重要な資産となる君主に、「不動産取引所」が導入され、プレーヤーはここで貸倉庫の利用権をプレイヤー間売買できるようになった。貸倉庫は従来、借りている国以外では利用できなかったが、レベルや株価で拠点とする国が変わるため不便なことも多かった。今後は、あまり訪れなくなった国の貸倉庫は売ってしまい、、頻繁に立ち寄る国での貸し倉庫の利用権を買い取ることもできる。

画像

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping