ニュース
2006年07月06日 14時38分 更新

「日本ゲーム大賞2006」の投票締め切り迫る

 コンピュータエンターテインメント協会は、プラットフォームの種類に制限を設けず、優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し、表彰する「日本ゲーム大賞2006」の「年間作品部門」の一般投票、および「インディーズ部門」の作品を募集している。締め切りは7月25日まで。

 「年間作品部門」では、はがき・インターネット携帯電話(AirH を除く)で一般投票を受付している。2005年4月1日から2006年3月31日の間、日本国内で発売されたタイトルの中から1作品を選び投票。

 「インディーズ部門」では、プロ、アマを問わず、また法人、団体、個人にかかわらず、未製品化作品を募集し選考、表彰を行うというもの。他のコンテスト等(前回のCESA GAME AWARDS INDIESを除く)へ応募済み、応募中、もしくは受賞歴のある作品、またすでに制作済みの作品の応募も可能。ただし、他のコンテストなどで重複応募が禁止されている作品、応募者がコンテスト主催者またはその他第三者に対して著作権を譲渡または使用許諾した作品もしくは、コンテスト主催者またはその他第三者に対して著作権の譲渡もしくは使用許諾することを条件に応募している作品は応募できない。詳細はこちらを参照。

 「年間作品部門」への投票者には抽選で、旅行券や各種ゲーム機、受賞作品、「東京ゲームショウ2006」入場券がプレゼントされるほか、「発表授賞式」へ100組200人が招待される。記者発表会および授賞式は、幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2006」にて行われる。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping