ニュース
2006年07月12日 17時08分 更新

「グラナド・エスパダ」ついに正式サービスを開始

画像

 ハンビットユビキタスエンターテインメント(HUE)は、現在オープンβテスト中のMMORPG「グラナド・エスパダ」の正式サービス開始時期を7月21日午後5時と発表した。

 2005年6月のクローズドβ1以来、注目を集めてきたグラナド・エスパダだが、いよいよ正式サービスが開始される。気になる課金システムだが、30日・60日・90日・180日の利用日数別のプランを選び、別途購入したゲーム内通貨「はんびっとコイン(1HC=1円)」で購入する形だ。価格は利用日数順に2000HC、3800HC、5400HC、10000HCとなっている。

 正式サービス時のクライアントだが、韓国と同様のバージョンでプレイが可能。このため、直前の7月18日には大型アップデートが実施される。主なアップデート内容は、従来よりユーザーの要望が高かったバラックの拡張(最大36キャラ)、党対党の大規模戦闘が行える「コロニー」システムの導入、ウェイポイントの廃止に伴う「レオナルドエクスプレス」が設置される。また、新マップには「ウスティウルジャングル」「骸骨のダンジョン」の2つが追加され、どちらも推奨レベルは90以上と高レベルプレーヤー向けだ。

画像画像画像

 この他にも、インタフェースの改善やモンスターAIの向上、待望の新NPC実装と新スタンス・スキル、装備品強化システム導入、新コスチュームの登場など実装される要素は非常に多い。さらに、正式サービス開始時にはワールド統合後としては6番目のサーバとなる「スピネル」が追加される。既にテストサーバで体験しているプレーヤーも多くいると思われるが、ゲームバランスなど最終的な調整を経た新しいグラナド・エスパダのオープンにぜひとも期待してほしい。

 また、正式サービス開始を記念して、7月14日午後5時〜7月20日午前10時までの期間、「グラナド・エスパダ 先行販売キャンペーン」が行われる。期間中はプレイ料金が最大25%割引になる他、「180日プラン」のプレイチケットを購入すると、オリジナルサウンドトラックCDがプレゼントされる、などの特典が用意されている。

画像画像画像
(c)2003-2006 IMC Games Co.,Ltd./ Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
All Design and specifications are subject to change without notice.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping