ニュース
2006年07月21日 20時39分 更新

ガンダム、宇宙へ――UCGO新バージョン「ゼロ・ジー・アタック」開始

UCGOがついに宇宙へ展開。「ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン ゼロ・ジー・アタック」のサービスがこの夏、開始される。
wk_060721ucgo01.jpg

 バンダイナムコゲームスは「機動戦士ガンダム」の世界をプレーヤー自身の視点で体験できる大型MMORPG「ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン」の大型アップデートバージョン「ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン ゼロ・ジー・アタック」(以下ゼロ・ジー・アタック)のサービスを2006年7月26日(水)より開始すると発表した。

 本作は、プレーヤーが連邦軍かジオン軍に所属するキャラクターを作成し、モビルスーツのパイロットとして戦闘に参加するだけでなく、他のプレイヤーとコミュニケーションを図りながら宇宙世紀を体験するというもの。今回のアップデートでは、これまでの「オーストラリア大陸」に加え、新たなステージとして「宇宙」が追加される。プレーヤーは、宇宙用のモビルスーツや「マゼラン」、「ムサイ」をはじめとした巨大な艦船が待ちうける中、360度全方向から敵が襲いかかってくるという地上戦とは違った緊張感あふれる戦闘を楽しむことができる。

wk_060721ucgo02.jpg 宇宙への離脱方法は以下のとおり。連邦はパース南西、ジオンはダーウィン北にあるSpacePortに向かう。乗り物から降りTerminalをダブルクリックするか、選択し「/launch」と入力することでシャトルに搭乗できる。SpacePort敷地内にはBankとHangarがある
wk_060721ucgo03.jpg 宇宙へ離脱すると、「ISAEO 29」か「EFFSS 0157」を拠点にプレイすることになる。ISAEO 29は、連邦側の宇宙と地上をつなぐ施設で、周辺には弱いNPCが出現し、軽めの宇宙戦闘が楽しめるようになっている。ジオン側に相当するのが「ISAEO 28Z」。そしてジオンの前進基地用人工衛星「ZSSAEO 3」となる。連邦ならばISEAO 29、ジオンならばISEAO 28Zのターミナル施設をクリックまたは、選択して「/reentry」でシャトルに搭乗し、地球に帰還できる
wk_060721ucgo04.jpg 宇宙では艦船が施設の代わりとなる。またNPC補給艦隊を多数配置し、地上でのキャンプのように使用できるようになっている。モビルスーツには地上と宇宙での性能差が生じる。陸戦ガンダムやグフなどは機動力が落ちるが、ガンダムやゲルググなどは逆に上がるといった具合だ。ちなみにエレカ類と戦車類は宇宙では使用不能となる。TR(熱核ロケット)エンジンは宇宙のほうが機動力が高く、TJ(熱核ジェット)エンジンは地上のほうが機動力が高いということ覚えておこう

wk_060721ucgo05.jpg

 このアップデートに伴い2006年7月18日より、これまでクレジットカードのみであった決済方法が、ウェブマネーやコンビニ決済など行えるようになっている。また、8月11日より「セロ・ジー・アタック」のパッケージ版を販売する。こちらは店頭参考価格税込み2079円で、30日分無料ウェブマネーが同梱される。また、特典として「記念Tシャツ&サングラス」のアイテムデータが付属されている。これは、ゲーム中で自動的に「銀行」にザクレロTシャツとサングラスがアイテムとして納品されるというもの。TシャツはStrength(キャラクタの攻撃力に影響)が+5に。サングラスがSpirit(キャラクタの命中率に影響)が+5となる。

 また、8月23日にはインターネットでのクライアント無料ダウンロード(月額利用料税込み1575円が別途必要)も予定している。こちらは30日間の無料ゲームプレイが可能。

ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン ゼロ・ジー・アタック
サービス開始日2006年7月26日(水)
ジャンルMMORPG(多人数型オンラインRPG)
発売元バンダイナムコゲームス
開発元ディンプス
(C)創通エージェンシー・サンライズ


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping