ニュース
2006年07月27日 16時40分 更新

秋葉原に魔女降臨――「バレットウィッチ」体験会&トークイベント

AQインタラクティブから本日発売となったXbox 360用ソフト「バレットウィッチ」。その体験会&トークイベントが、東京・秋葉原にあるアソビットゲームシティにて開催された。
photo

 AQインタラクティブから本日発売となったXbox 360用ソフト「バレットウィッチ」。その体験会&トークイベントが、東京・秋葉原にあるアソビットゲームシティにて開催された。

 本イベントにはディレクターの岳洋一氏が登場。開発スタッフによる実演を交えながら、同氏より本作の遊びどころなどが語られた。


photophoto 試遊台も用意。体験したユーザーには特製バッヂがプレゼントされた
photo 岳洋一氏

 「バレットウイッチ」は、美しくクールな魔女「アリシア」を操り、人類を滅亡へと追い込もうとする悪魔たちと戦うアクション・アドベンチャーゲーム。実演は中盤のステージを使用して行われた。

photo

 ネタバレを避けるために詳しくは書かないが、序盤よりもはるかに敵の数が多くなっていることもあり、岳氏は「銃で戦うだけでなく、いかに魔法を駆使するかが重要なんです」、「攻撃する場所でダメージが変わります。手足よりも体、体よりも頭を攻撃したほうが、より効率良くプレイできます」とのアドバイスを送る。発売日当日ということもあり、まだプレイしていない人も多かったのか、集まったファンはうなずきながら話を聞いていた。

 なお、時期は未定だが、ダウンロードコンテンツとして「コスチューム(5種類予定)」と、敵の配置などを変えた「コンセプトミッション」の配信が決定していることも、イベントにて発表されている。

photo

 最後には「Xbox 360の高い性能を遺憾なく発揮した次世代型ゲームです。できれば大画面、5.1chサラウンドという環境で、体全体で楽しんでください」と語った岳氏。ダウンロードコンテンツが気になるユーザーも多いこととは思うが、まずはありのままの「バレットウイッチ」を楽しんでいただきたい。

[遠藤学,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping