ニュース
2006年07月28日 14時54分 更新

いよいよ今週末まで!

任天堂オフィシャルTシャツシリーズ「THE KING OF GAMES」Tシャツ展――「K.O.G(T)time」フォトリポート

任天堂オフィシャルのTシャツシリーズ「THE KING OF GAMES(ザ・キングオブゲームズ)」のエキシビジョンが、キングのお膝元(?)、京都で今週末まで開催中。これは見に行っておかないと! ということで、緊急フォトリポートをお届けします。
画像

 ファミコンフリーク、任天堂フリークにはもはやおなじみの「THE KING OF GAMES(ザ・キングオブゲームズ)」は、インディーズ感覚で世界の任天堂のオフィシャルライセンスものを手がけるTシャツブランドだ。

 4年前に作った記念すべき第1作、マリオ誕生20周年Tシャツを皮切りに、8ビット時代の名作をフィーチャーしたアイテムを次々にリリースし、現在では約40アイテムをそろえる。今でこそ任天堂もモノのドット絵をあしらったグッズは無数に発売されているが、その先鞭をつけたのがTHE KING OF GAMESだったというわけだ。

 さて、そのTHE KING OF GAMESことK.O.Gが、京都・烏丸御池のカフェ「Cafe Art Table&Sofa」にて、初のTシャツ展「K.O.G (T) time」を2006年7月17日から開催中だ。

画像 会場のCafe Art Table&Sofaは、地下鉄烏丸線・烏丸御池駅の2番出口から徒歩5分ほど。入口左にあしらわれた、おなじみ初期ファミコンカセットのラインが目印。店内は細かいところまでK.O.Gワールドてんこ盛り
画像 ファミカセラインの下に目をやれば、おぉ! これぞマニアの証(?)、かつて任天堂エンターテイメント店舗のシンボルだった「黄金のマリオ像」がお出迎え。さらにドッツで作ったK.O.Gのロゴマークも。芸コマです

画像 入口を入って左側の展示は「LINEアタック」。ファミコンフリークの夏の定番(?)、初期カセットのラインをあしらった通称“ラインシリーズ”が勢ぞろい。こうして並ぶと、あらためてデザインのキレイさが際立つ
画像 一方、右側には懐かしの任天堂VS筐体が。K.O.Gの事務所から今回のために運び込んだものだとか。状態はすこぶる良好で、「バルーンファイト」フリープレイという太っ腹。棚に並んだTシャツはもちろん販売中

 「K.O.G(T)time」というエキシビジョン名は、カフェでの開催ということで、「お茶(ティー)をしにきたつもりがいつのまにかK.O.GのT(ティー)のことで頭がいっぱいに……」といったコンセプト(?)で付けられたもの。会場には、Tシャツそのものを素材にしたグラフィック作品を中心に、K.O.Gのデザインプロセスを垣間見られる貴重なメモノートや、実際にプレイできるゲーム筐体、任天堂グッズコレクションなどなどが用意され、まったりとくつろぎながら、K.O.Gワールドを堪能できる空間になっている。うれしいオマケ付きのエキシビジョン期間限定メニューも用意されているので、ファンならコレもぜひ食べておきたいところだ。

画像 エキシビジョン期間限定のオリジナルメニュー「K.O.Gゼリー&クッキー」。ラインシリーズをイメージした、Table&SofaとK.O.Gの美味しく涼しいコラボレーション。ドリンク付きで1000円。午後2時からオーダーOK
画像 で、限定メニューには嬉しいプレゼント付き。Tシャツケースにピッタリサイズのラインアップカタログに加えて、非売品のファミコンカセット&ディスクサイズのシール、オリジナルバッジのK.O.Gスペシャルセット
画像 右が、はんなり癒し系(?)な笑顔のK.O.G店長、エディットモード代表の江南匡晃氏。後ろは、今回のエキシビジョンを企画し、会場のTable&SofaもプロデュースするAPN(ART PREVIEW NETWORK)の佐野亘氏

 初日にはDJプレイもアリのオープニングパーティーが行われ大盛況、その後も熱心なファンが全国から訪れているとか。K.O.G店長でエディットモード代表の江南氏いわく「普段はWeb通販での展開なので、こうした機会にユーザーの生の声を聞けるのが嬉しい」とのこと。もし会場で江南氏を見かけたら、気軽に声をかけてみるといいかも。

 ただし開催期間はこの週末、7月30日まで。もはや残り2日! とハリーアップ状態。まだ行けてない任天堂フリークはBダッシュで会場へ急ごう!

画像 右側の壁にズラリと並んでいるのは、Tシャツ&オリジナルのグラフィックに、ファミコンミニで元ネタゲームを組み合わせた展示。中央には「ゼルダの伝説」の歴代の盾をデザインした発売前の新作も展示されていた
画像 パッチワーク作品「KOGアタック」。マニアは1枚の布地に複数のラインシリーズが入ったテストプリントに注目! 中央部分はK.O.Gオリジナルラベルの黒カセット。その中にキングの証、ゴールドカセットの王冠が……
画像 写真手前の「8bits マシーン」は、ファミコン展開図Tシャツがベース。バックも、各種パーツのグラフィックで構成。これぞエディットモードの真髄? 横の壁にはファミコン実機も。その奥は「ランダムゼルダ」

画像 K.O.Gのできるまで――その1。マル秘なデザインメモも大公開。いかにもデジタルなドット絵Tシャツも、実はアナログなスケッチから生まれた。初期の作品は、ゲーム画面を見て方眼紙にドットを起こしていたんだとか!
画像 K.O.Gのできるまで――その2。記念すべき第1作「20thドカンマリオ」のプリント見本6版分。6版使用というだけでもリッチだが、小さなドットのエッジもくっきり出すため、1版あたり何回も重ね刷りしたこだわり仕様
画像 ファンにはおなじみ、Tシャツが入っているボックスの印刷見本も。実はこのボックス、任天堂がゲーム&ウォッチの時代から発注しているのと同じ工場製。つまり、地のシルバーから何から、まさにホンモノなのだ

K.O.G (T) time
展示期間 7月18日〜7月30日
会場 Cafe Art Table&Sofa
住所 京都市中京区両替町二条上ル北小路町102 1F
営業時間 午前11時半〜午後9時(ラストオーダー午後8時)
最寄り駅 地下鉄烏丸線烏丸御池駅 2番出口 徒歩5分(駐車場なし)
問い合わせ先 075-213-2708(Cafe Art Table&Sofa)

[テクノタク飯塚(StudioSurvive),ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping