ニュース
2006年07月31日 15時08分 更新

ChinaJoyで見かけた中国のMMORPG

ChinaJoyで展示されたゲームも、KONAMIとSCEIを除けば全てPC用オンラインゲーム。日本人が気になりそうな、ChinaJoyで見かけたMMORPGを中心に紹介しよう。
画像

 中国産ゲームというと、現在は海賊版ソフトがはびこる環境のため、中国メーカーからリリースされるソフトのほぼ全てが、確実に料金が取れるシステムであるオンラインゲームとなっている。ChinaJoyで展示されたゲームもKONAMIとSCEIを除けば全てPC用オンラインゲームであったが、その中でも多かったのはいわゆる武侠派MMORPG。

 本来なら各ブースでテストプレイする人の集まり具合で期待度を現場から感じるのだが、大混雑のChinaJoyにおいては、ポスターなど各ブースのノベルティグッズ目当てに長蛇の列ができたり、またブースのおねーさん目当てにデジカメ片手に動き回ったりする人が大多数で、ほとんどのテスト用PC端末は各端末に1人で遊び、待ち時間はその人が終わるまでといった状況だったので、どのゲームが期待されているのか雰囲気を感じることはできなかった。そこで日本人が気になりそうな、ChinaJoyで見かけたMMORPGを中心に紹介しよう。

画像

 the9(第九城市)ブースは、同社の柱であり、中国全体でも上位の人気タイトルである「WoW(World of Warcraft)」を展示していたほか、日本でもナムコバンダイからリリースされる予定となっている「Hellgate: London」のほか「ギルドウォーズ」、「グラナド・エスパダ」など中国外の多数の著名タイトルを用意。

画像

 今回のChinaJoyの期間中に日本へのパブリッシングが発表された「完美世界 -Perfect World-」の中国の開発元である完美時空(Perfect World)ブースでは、武林外伝という武侠MMORPGのタイトルを中心に展示。「完美世界 -Perfect World-」とは異なりコミカルな感じの雰囲気が特徴。サービス開始予定時期は未定。

画像 郵通科技ブースでひそかに展示されていたマビノギ

 郵通科技ブースでは、同社人気のオンラインレースゲームの影に隠れるようにひっそりと「マビノギ」の中国版が展示されていた。平和なイメージが印象的なマビノギだが、中国版ではPK対応となった。ほのぼのと殺伐の両方の雰囲気が混ざり合ったマビノギは、従来の日本のユーザーからすれば賛否両論となりそうな驚くべきバージョンアップといえるだろう。7月14日よりバージョンアップ版のサービスが開始された。

画像 一騎当千を大きく扱っていたWEBZENブース

 中国メーカーでく韓国メーカーの話となるが、今回のChinaJoyで唯一韓国メーカーで大型ブースを出したのはWEBZEN。そのWEBZENがブースをフルに使って大きく展示したタイトルが、“いかにも中国向け”な三国志の世界が舞台となるオンラインアクションゲームの「一騎当千(Kingdom of Warriors)」。オンラインの三国志というと「真・三国無双BB」を想像する人も多いかもしれないが、実際どのようなアプローチの違いがあるのか興味があるところだ。サービス開始予定は2007年。ちなみに運用は前述のthe9。

 その他気になったブースをざっと紹介しよう。

画像 中国政府関連からの期待がかかる武侠MMORPG「大唐風雲ONLINE」の天暢科技ブース
画像 独自開発3Dエンジンを搭載した「天機ONLINE」を展示する渡口科技ブース
画像 三国志が舞台のアクションRPG「蒼天」.jpg 蒼天を展示するWemadeブース

 武侠派MMORPGのほかには、レースゲームや音ゲーなどの気軽なオンラインゲームを提供するメーカーも。

画像 日欧米のさまざまなソフトを用意した国営CNECブース。ガンダムオンラインではガンダムファンが集まり写真を撮る姿も
画像 マビノギの郵通科技ブースで大きく展示されていたレースゲーム
画像 音ゲーも人気ジャンルのひとつ。いくつかのメーカーから展示された

画像 盛大で展示されていたPC用コンソール端末EZPOD
画像 こちらも盛大でのEZPOD展示風景。ただし人気はなさそうだ
画像 宏象はオンライン麻雀を展示

[山谷剛史,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping