ニュース
2006年08月11日 13時00分 更新

もちろんパックマンカーも登場――「リッジレーサーズ2」の全部入りっぷり続報 (1/2)

バンダイナムコゲームスが9月14日に発売予定のPSP用ソフト「リッジレーサーズ2」。「デュエル」や「サバイバル」などの新モードはもちろん、コースやスペシャルカーもすべてが入ったお得すぎる作品となっている。
wk_060811r01.jpg

 真の全部入りを目指し、「リッジレーサーズ2」が開発されていることは以前報じたとおり。前作「リッジレーサーズ」の正統進化といえる本作では、収録コース・マシン・サウンドを含め全編にわたってボリュームアップがはかられている(どのへんがボリュームアップしたかは前回紹介記事を参考にしてもらいたい)。今回は、前回紹介できなかったオープニングムービーや起動時のミニゲーム、新たに追加された3つのモードのうち「デュエル」や「サバイバル」について紹介しよう。

 ゲームモードは前作の「ワールドツアーズ」、「タイムアタック」、「ワイヤレスバトル」の3つのほかに、前回紹介した「アーケード」、さらに「デュエル」、「サバイバル」が新設された。前作での「デュエル」はワールドツアーズのスペシャルマシンとの対決でのみプレイできたのだが、単独のモードとして追加されたわけだ。これにより自車対敵車の1対1の戦いが可能で、ライバルカーとのガチンコバトルが楽しめるというもの。実力の差がはっきり分かるモードといえる。

 また、新モードとなる「サバイバル」は、スタートから4台のマシンで走行し、周回ごとに最下位が容赦なく脱落する緊張感溢れるデスマッチレースとなる。要は3周走る中で最下位を避け、最終的にトップでゴールすればいいというもの。レースにおける駆け引きが求められるモードといえる。

wk_060811r30.jpg デュエル
wk_060811r31.jpg サバイバル
wk_060811r32.jpg ワールドツアーズでスペシャルマシンと対決

 「リッジレーサーズ2」に収録されるコースが、順走・逆送含みシリーズ最多の42コースになるというのは前回お伝えしたとおりだが、本作では「リッジレーサー」、「リッジレーサーレボリューション(RRR)」、「レイジレーサー」、「R4-リッジレーサー タイプ4-(R4)」、業務用「レイブレーサー」の5作品の全コースが収録されている。コースレイアウトそのものは各作品のオリジナルだが、PSP用にアレンジが加えられているとのこと。今回は前回紹介できなかった新規追加9コース中、残り6コースを公開する。

Hurricane Skyway

 「R4-リッジレーサー タイプ4-」で登場した全長5220メートルのコース「へルタースケルター」。それほど高度なテクニックを要するコーナーがなく、初心者でも比較的容易にレースメイクできるのが特徴。注意すべきはトンネル内の複合カーブとラストの大S字カーブくらいか。

wk_060811r02.jpgwk_060811r03.jpgwk_060811r04.jpg

Edgestone Expressway

 同じく「R4-リッジレーサー タイプ4-」に登場した全長5665メートルのニューヨークを舞台にしたコース「エッジオブジアース」。ストレートが多く高速になりがちだが、その先にはたいていヘアピンカーブやS字、直角カーブなどが待ちかまえている。夜のコースのため、視界は比較的悪い。

wk_060811r05.jpgwk_060811r06.jpgwk_060811r07.jpg

Ocean Bay

 こちらも「R4-リッジレーサー タイプ4-」に登場した全長5565メートルの「アウト オブ ブルー」をベースにしている。難易度が非常に高く、Hurricane Skywayと一部共有している区間以外は、道幅も細く、カーブも多い難所が続く。特にコース最後の直角右カーブはクセモノ。

wk_060811r08.jpgwk_060811r09.jpgwk_060811r10.jpg

Phantom Mile

 「R4-リッジレーサー タイプ4-」のファントムマイル。全長3012メートルと短いわりには、変化に富んでいるのが特徴。それゆえ的確なライン取りが勝敗を分ける。パックマンドームなど道幅がせまくなる箇所も。

wk_060811r11.jpgwk_060811r12.jpgwk_060811r13.jpg

       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping