インタビュー
2006年08月29日 13時57分 更新

「BLOOD+」×「One Night Kiss」――藤咲淳一×須田剛一 (1/6)

バンダイナムコゲームスから8月31日に発売される「BLOOD+ One Night Kiss」。この制作を担当したグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏と、TVアニメ「BLOOD+」の監督であるProduction I.Gの藤咲淳一氏の対談をお届けしよう。
画像 藤咲淳一監督(左)と須田剛一氏(右)

――お2人の出会いはバンダイナムコゲームスのデベロッパーミーティングだと聞いていますが、そのときにはゲーム版の話を何かされたのでしょうか?

須田 そうですね。そのときには「BLOOD+ One Night Kiss」を担当することが決まっていたので、ごあいさつしました。

藤咲 わたしもその時点ですでにBLOOD+がゲーム化されることを聞いていましたし、「好きにやってください」とお伝えした記憶があります。グラスホッパー・マニファクチュアさんが作るゲームの方向性は知っていましたので、「いろいろ言っても聞かないだろう」と(笑)。好きに作っていただいた方が、いい意味でとんでもないものができあがってくると思っていましたので、キャラクター設定など最低限の項目をお送りして、あとは“放置プレイ”ですね。あとは1個だけ、クリーチャーを使っていいですかという質問が来たときにOKを出したくらいですか。

――ゲーム化の話があったときには、須田さんの作品はすでに知っていたわけですね。

藤咲 グラスホッパー・マニファクチュアを設立される前から、須田さんの作品は知っていました。クセがあって、作品がすごく目立つんですね。インパクトが強くて記憶に残るゲームが多かったので、この人がキャラクターものを手がけるとどういうゲームになるのか興味深かったですね。実際にプレイしたんですが、いろいろ凝っていますよね。

須田 (ゲームのキャラクターである)「青山」はいかがでしたか。

画像画像画像

藤咲 いや相変わらず……(笑)。でも全然アリですよ。

須田 ありがとうございます(笑)。

藤咲 シチュエーションが「学園もの」というか、1日だけ訪れた学校での話ですし、団地とか光化学スモッグとか、懐かしいフレーズを使ってますよね。わたしがBLOOD+の企画書をアニプレックスに出したときのモチーフに近いんです。当初の劇場版の流れをくんでいまして、地方問題を扱っていたりして、団地が1つのテーマだったんです。BLOOD+を作る前に、PS2版の攻殻機動隊を作っていたんですが、その話の中でも団地が登場します。人けがない、空虚な昼間の団地といった、うそっぽい空間をモチーフにしたらおもしろいかなと思ったんですね。あるはずのないところにものができている、という人工的な、作られた空間ですし。まさしくそういうテイストで来たな、と。

――須田さんとしては、このアイディアはどこから生まれたのでしょう。

須田 昔「ムーンライトシンドローム」というゲームを作ったときに、団地が出てくるんですね。その拡大版を作ってみようかと。アニメでは、小夜は沖縄で育っているじゃないですか。その小夜を地方都市に送り込んでみたいな、と。

画像

藤咲 そういう欲求に駆られますよね。アニメでは日本を飛び出て世界を巡るというロードムービーになっているので、ジュブナイルテイストなストーリーは作りにくくなっています。そのためテーマも、地域性よりも絆とか親子、兄弟といった、人間寄りに振っていますが。それがなかったら日本だけで終わっていると思うんですが。どうしてもやりたいことは、マイナーというか。「団地でゲーム」というのもあり得ませんよね(笑)。

須田 逆にそんな「BLOOD+」を見てみたかったですね。

藤咲 でもすごくアングラな感じになると思う(笑)。

須田 でもProduction I.Gっぽいですよね。

藤咲 I.Gっぽくってダメだと思う(笑)。あの放送時間にかけるのはやばいんじゃないかな、という。土曜の6時には。

須田 わたしは、ゲームではすかっとやらせていただいてるので(笑)。バンダイさんとは前に「サムライチャンプルー」を一緒に作ったんですが、そのときにもオリジナルストーリーを作っていまして。主役のキャラクターたちを、意外といじらずに作ったんですが、今回は小夜の回りにいろいろな人たちを集めて、アニメとは違うムードをとにかく出してみたい、と。

画像

藤咲 大人版になった気がしますよね。言い方は適切ではないかも知れないけど、「土曜ワイド」な「BLOOD+」というか。雰囲気はそんな感じですよね。青山という刑事の側でのストーリーもあるので、余計濃くなっていますよね。日本の刑事が出てきただけで、急に土着性が出ますね。この視点を入れただけで、日本のドラマになりますね。

須田 “公安”という言葉を1つ入れただけでもにおってきます。

藤咲 あ、“本店”とか出てきたな、とか(笑)。

――「BLOOD+」は、ゲーム版での絵のタッチは「killer7」のようなビジュアルにトライされていますが、藤咲さんとしてはどう感じましたか?

藤咲 わたしも「killer7」は知っていましたので、仕上がりは何となくイメージできていました。影の入れ方や色の使い方など。唯一心配していたのは「覆面が出てこないよな」ということでした(笑)。

須田 実はですね、ジョエルとコリンズに覆面をかぶしたんですが、ダメ出しがありまして(笑)。あとはそれに加えて、ジュリアにミニスカポリスのような格好をさせて……。それもあってダメだったのかもしれません(笑)。ですので、覆面は登場しません。

藤咲 アニメの場合は、髪型や服を変えるのは禁止なんです。設定資料を基にさまざまな人を経て作られているので、違うシーンで違う服になってしまったりとか、途中で変わるのは事故の元なんです。服装を変えるために設定を新たに起こしたりと、管理が大変になってしまいますので。「BLOOD+」はキャラクターや設定が多いと言われていますし。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping