ニュース
2006年09月05日 14時02分 更新

マーベラスインタラクティブ、正統派オリジナルS・RPG「ルミナスアーク」を発売 (1/2)

マーベラスインタラクティブからニンテンドーDS用ソフト「ルミナスアーク」が登場する。発売日は今冬、価格は5040円(税込)を予定。
photo

 マーベラスインタラクティブからニンテンドーDS用ソフト「ルミナスアーク」が登場する。発売日は今冬、価格は5040円(税込)を予定。

 「ルミナスアーク」は、行動や会話の選択をしていく「アドベンチャーパート」と、アクティブターン性を採用し、戦闘を重ねて自分だけのキャラクター育成も楽しめる「シミュレーションパート」の大きく2つに分かれてゲームが進む、オーソドックスなタイプのオリジナルシミュレーションRPGとなっている。

photophoto アドベンチャーパート

photophotophoto シミュレーションパート

photophoto (写真左)必殺ゲージが溜まっているキャラクター同士が一定範囲内に陣取っている(一部条件あり)場合に発動する「連携攻撃」
(写真右)必殺技(フラッシュドライブ)発動の際には、キャラクターごとにカットイン演出が入る

 サウンドプロデュースには、「ゼノサーガ エピソードI」、「クロノ クロス」などを手がける光田康典氏を起用。また、Wi-Fiコネクションに対応しており、こちらでは育てたキャラクター同士を対戦できるモードなどを搭載している。このたびは公式サイトのオープンに伴い、ストーリーとキャラクターが公開されているので、それぞれ紹介していこう。

「ルミナスアーク」ストーリー

photo

 ルミナス教団の光と救済の布教により、世界は平和に統一されていた。

 教団の教えにより魔女は神に仇をなさしめ、人々に害を与える邪悪な存在として、語られてきた。

 聖騎士ヒースはアークナイトと呼ばれる、聖都セントライズの希望の星。

 主人公アルフと弟テオは、彼の指導のもと、兵平和と正義のために、神の庭エバーガーデンと呼ばれる教団寄宿舎で訓練に励み成長していた。

 彼らの使命は魔女やモンスターと戦うこと。「魔女を断罪せよ」との教えに従い日々戦うアルフたち。

 そんな彼らの前に謎のメイド「ルーシャ」が現れる…。


       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping