ニュース
2006年09月22日 14時11分 更新

東京ゲームショウ2006:

「ブルードラゴン」、「ロストオデッセイ」の2本柱で攻める――マイクロソフトブース

マイクロソフトブースに展示されている試遊タイトルは全部で23タイトル。中でも目玉となるのが、「ブルードラゴン」と「ロストオデッセイ」の2タイトルだ。この2タイトルは、ほかのタイトルとは異なり、クローズド形式の専用試遊コーナーが用意されている。
photo マイクロソフトブースは、例年より面積は狭いが、シアターやステージがなく試遊中心の構成となっており、中身はかなり濃い

 マイクロソフトブースは、例年よりも若干面積が狭くなっている。ただ、ステージやシアターなどを用意せず、ブース内に可能な限りの試遊機を設置し、来場者にとにかく最新タイトルに触れて試遊してもらおう、というスタイルになっているためか、例年よりも内容の濃いブースになっているように思う。

 マイクロソフトブースに展示されている試遊タイトルは全部で23タイトル。そのうち、やはり目玉となるのが、「ブルードラゴン」と「ロストオデッセイ」の2タイトルだ。この2タイトルは、ほかのタイトルとは異なり、クローズド形式の専用試遊コーナーが用意され、双方とも17台という圧倒的な数の試遊機を用意して展示されている。本日はビジネスデーで、明日以降の一般公開日に比べると比較的来場者数は少ないが、そのビジネスデーの開幕直後でもこの2タイトルの試遊コーナーには約1時間待ちになるほどの長い列ができており、期待度の高さがうかがえる。明日以降はさらなる行列になると思われるので、プレイしようと思っている人はなるべく早めにマイクロソフトブースに足を運んだ方がいいだろう。

photo 注目タイトルである「ブルードラゴン」と「ロストオデッセイ」は、クローズド形式の試遊コーナーでの展示となる。朝早くから長い行列ができており、1時間待ちは必至だ
photo 内部では、ブルードラゴンとロストオデッセイそれぞれ17台ずつの試遊機が設置されている。入れ替え制なので、ゆっくりプレイ可能だ
photo 「ロストオデッセイ」は、「ブルードラゴン」に比べると若干余裕があるようなので、先にこちらをプレイするのもありだろう

 これ以外では、テクモの「デッド オア アライブ エクストリーム 2」、カプコンの「ロスト プラネット〜エクストリーム コンディション〜」、スクウェア・エニックスの「プロジェクト シルフィード」、バンダイナムコゲームスの「トラスティベル〜ショパンの夢〜」、「アイドルマスター」、フロムソフトウェアの「天誅千乱」、バンプレストの「スーパーロボット大戦XO」などのサードパーティタイトルを中心に4〜12台の試遊機が設置され、特に力の入った展示となっている。これら試遊タイトルのインプレッションは、今後順次掲載していく予定だ。

 タイトル以外では、先日発表されたHD DVDプレーヤーやXbox 360 ユニバーサル メディア リモコン、ワイヤレスレーシングホイールなどの周辺機器が展示されている。このうち、リビングルームをイメージしたデモコーナーでは、HD DVDプレーヤーやXbox Live ビジョンなどを利用して、HD DVDの再生やビデオチャットなどのデモが行われることになっている。HD DVDの再生方法や映像クオリティに興味がある人は要チェックだろう。

photo 「デッド オア アライブ エクストリーム 2」。こちらも行列必至のタイトルだ
photo 12台という非常に多くの試遊台が用意されている「ロスト プラネット〜エクストリーム コンディション〜」。4人での対戦プレイも可能となっている
photo 「プロジェクト シルフィード」。初日朝の段階でもかなりの来場者が集まっており、こちらも注目度はかなり高いようだ

photo バンダイナムコゲームスが送るRPG「トラスティベル〜ショパンの夢〜」もプレイアブル出展されている
photo バンダイナムコゲームスのもう1つの注目タイトルである「アイドルマスター」。試遊台は若干少ないので、プレイしたいなら早めに来たほうがいいだろう
photo 周辺機器のデモコーナー。こちらでは、最新周辺機器の展示に加え、HD DVDプレーヤーやXbox Live ビジョンなどを利用したデモも行われる

[平澤寿康,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping