ニュース
2006年09月24日 04時57分 更新

東京ゲームショウ2006:

「メタルギアソリッド4」「Elebits」など約40の最新タイトルが公開――コナミブース (1/2)

コナミデジタルエンタテインメントはPS3で開発中のメタルギアシリーズ最新作「メタルギアソリッド4 ガンズオブパトリオット」の最新情報を公開した。また、その他のPS3タイトルやWiiの「Elebits」など約40のタイトルを展示。イベントでは一歩も動けないほどに。
wk_060923ko20.jpg

 今年のコナミデジタルエンタテインメントは、「メタルギアソリッド4 ガンズオブパトリオット」をはじめ、「CODED ARMS ASSAULT」、「麻雀格闘倶楽部 全国対戦版」などプレイステーション 3用ソフトを前面に押し出すブース展開となった。Wii用ソフト「Elebits」は特設コーナーやステージでのデモンストレーションに留まるも、上記したタイトルには黒山の人だかりができていた。特に分刻みでステージイベントとインタネットラジオを行き来する小島秀夫監督のいるところは這い出る隙もないほどの盛況ぶりを見せた。


 「CODED ARMS ASSAULT」では常に対戦イベントを行い、実際に電脳世界での戦闘を体験してもらうことに注力。実況ブースとステージをつないでのイベントも行われた。また、「麻雀格闘倶楽部」関連でも特設コーナーが設けられ、「麻雀格闘倶楽部 全国対戦版」を使用しての4人打ち対戦をプロ雀士を招いて行われた。来場者はプロと打てるチャンスとあって長蛇の列を築いていた。23日には二階堂姉妹や灘麻太郎氏が登場。その打ち筋に注目が集まっていた。

 そのほかにもXbox 360での発売も楽しみな「ワールドサッカー ウイニングイレブン」シリーズは多機種で展示。ポップンやビーマニなどの音ゲーモノの試遊コーナーには30分待ちの列ができていた。変わり種ではアクションフィギュアとオンラインゲームの融合を果たした「武装神姫」の特設コーナーも。

wk_060923ko30.jpg PS3版の「麻雀格闘倶楽部 全国対戦版」を中心に、PSP版、ニンテンドーDS版「麻雀格闘倶楽部DS Wi-Fi対応」も展示
wk_060923ko31.jpg PS3版「CODED ARMS ASSAULT」コーナーでは常に対戦が行われ、実況につられてヒートアップしていた
wk_060923ko21.jpg 「武装神姫」のステージではコスプレのお姉さんも登場。本作の魅力や裏話などが語られ、実際にデモンストレーションも

 コナミブースでは、メタルギア関連イベントを連続して開催するステージと、ゲーム大会やその他タイトルのイベントなどを行う両面2つのステージが設置されていた。23日には、Elebitsのデモを行う「エレビッツみつけてつかまえステージ」や「武装神姫」ステージ、「ときめきメモリアルONLINE」のインターネットラジオ公開録画、「第2回 実況パワフルプロ野球日本一決定戦 全国決勝トーナメント」などが催され、その度に多くの来場者が詰めかけた(「CODED ARMS ASSAULT」のゲーム大会、およびゲーム紹介はこちらの記事を参照)。


wk_060923ko22.jpgwk_060923ko23.jpg 「Elebits」はデモンストレーションのみで実機を触ることはできなかった。とはいえ、Wiiを初めて目にする機会とあり、じっと興味深くデモを眺める姿が見られた。特設コーナー横にはゲーム中に出てくるElebitsたちのぬいぐるみが展示されていた

「MGS4」の最新ムービーが公開。新情報も続々判明

wk_060923ko01.jpg

 コナミデジタルエンタテインメントは東京ゲームショウ2006の同社ブースにて、プレイステーション 3用ソフト「メタルギアソリッド4 ガンズオブパトリオット」(以下、「MGS4」)の最新ムービーを公開するとともに、同作に搭載される新擬態システム「オクトカム」を紹介した。


 オクトカムとは、スネークが装着しているスーツが周囲の環境に合わせて色や模様、形を変え、擬態(カムフラージュ)によって敵の目から隠れることができる新兵器のこと。最新ムービーではスネークが随所でオクトカムを使用し、難関を突破するシーンが確認できた。ステルスアクションというジャンルを切り開いた同シリーズにとって、オクトカムはゲームの核となる重要なシステムになることは間違いない。

 イベントでは、シリーズの生みの親である小島プロダクションの小島秀夫監督と、小島監督とともに監督と脚本を勤める村田周陽氏がステージに上がり、トークショウの形式で進められた。まず、昨年の東京ゲームショウで公開されたムービーと今年のE3で公開されたムービーが紹介されたあと、いよいよ最新のムービーが公開された。

 ここで改めて、これまで紹介されてきたムービーがいわゆるCGムービーではなく、PS3の実機映像であることが確認されたほか、E3で公開された映像が「MGS4」のオープニングとして使われる予定であることが明らかにされた。最新ムービーはおよそ9割が実際のゲームプレイ中の映像とのことで、より実際のゲームに近い内容となっていることも注目すべき点だ。「1年前はPS3がどのようなものか手探りの状況であったが、現在はPS3がどういうものなのかやっと分かってきた。これで行けるという確信が得られたので、あとは作り込むだけだ」(小島氏)という心強いコメントも聞かれ、同作の順調な開発ぶりを伺わせた。

 最新ムービーの内容は、中東と思われる国に単身潜入したスネークが、オクトカムを駆使して敵勢力の兵士や新メタルギア「月光」と戦うというもの。スネークがオクトカムを使用して敵をやりすごしたあと、背後から敵に襲いかかるシーンや、オクトカムで銅像になりすますシーンなどは、これまでのメタルギアシリーズとはまったく異なるゲーム性を感じさせる。オクトカムは、従来のメタルギアシリーズに登場したステルス迷彩と概念は似ているが、完全に透明になるステルス迷彩とは違って地面や壁に密着している必要があるため、いつ、どこでオクトカムを作動させるかが潜入を成功させるためのポイントになりそうだ。

wk_060923ko02.jpgwk_060923ko03.jpgwk_060923ko04.jpg

 従来のメタルギアシリーズと決定的に違うのは、スネークが潜入しているのは2つの勢力が戦闘を繰り広げている場所であるということ。つまり、スネークが潜入する前から戦闘状態下に置かれているため、戦場にいるという雰囲気が格段にアップしているのだ。ムービー中でも交戦を続ける勢力の間にスネークが割り込み、双方の兵士を倒していくシーンが見られた。

 従来の周りはすべて敵というシンプルな状況とは違い、戦場が2つの勢力の争いによって刻々と変化していことも「MGS4」ならではの要素である。最新ムービーではドラム缶に隠れながらの移動などのメタルギアらしいシーンも見られ、シリーズのファンにとって新しさと懐かしさを感じる内容となっていたのも印象的だ。また、これまでのムービーではオールドスネークと呼ばれる白髪のスネークのみが登場していたが、最新のムービーでは若返った(?)黒髪のスネークが現れるシーンもあった。オールドスネークのまま物語は進むのか、それともオールドスネークは仮の姿なのか、非常に気になるところだ。なお、「MGS4」の最新ムービーは小島プロダクションの公式サイトで公開されている。

wk_060923ko05.jpgwk_060923ko06.jpgwk_060923ko07.jpg

新しい隠れんぼの創造から生まれたオクトカム

 メタルギアシリーズは、正面から敵と戦うのではなく、できるだけ隠れて敵をやり過ごすというのがテーマとなっているゲームである。「メタルギアソリッドというのは隠れんぼのゲームで、ステルスアクションというジャンルを作りました。MGS4は前作までとは違って新しい隠れ方をします。これまでは、体全部を隠せるような場所に隠れていたのですが、普通追っ手はロッカーの中とか机の下などは必ず探すんですよ。だから、視界には入っているけど、注意されないような場所に隠れるのが一番いいんです。例えば柱があったら、これまでは柱の陰に隠れるという方法でした。MGS4ではオクトカムを使って柱そのものに擬態をして、柱の前に立って隠れるという隠れ方になります」(小島氏)。隠れんぼの達人を自負する同氏によると、隠れんぼの達人は人を錯覚させるのがうまく、人の心理をつくのが本来の隠れんぼであるという。

 なお、オクトカムとはオクトパス(タコ)とカムフラージュから作られた造語である。なぜタコかというと、実はタコはカメレオンよりも擬態がうまく、環境に合わせて形までも変えてしうまう動物なのだそうだ。「タコは一番隠れんぼがうまい。スネークはタコです(笑)」(小島氏)。イベントでは実際にタコが擬態で姿を隠す様子も放映された。

       1|2 次のページへ

[長井直也、加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping