ニュース
2006年09月24日 15時38分 更新

盛況の理由は長身にあり? 恒例のブース間ゲーム大会も開催――SNKプレイモアブース

SNKプレイモアは東京ゲームショウ会場入口すぐにブースを設置している。道急ぐ人もいきなり足を止める秘策があるのか、なぜかいきなり人垣が……。イベント、大会づくしのブース展開も必見。
wk_060924snk01.jpg

 入口すぐにやけに長身でナイスバディなお姉さんたち目に入る。案の定、カメラを持った人々が人垣を作り、メーカーロゴの入ったカタログやスーツをアピールする。どうやらこれもひとつの戦略のようで、次から次と来場者がブースに吸い込まれていく……。

 SNKプレイモアは中央にネオジオステーションを配し、そこから人々を両端に備えたメインステージとネオジオフリークステージへと流動させる作戦らしい。タイトルも「餓狼伝説15周年コーナー」、「メタルスラッグ10周年コーナー」、「NEOGEOオンライン・コレクションコーナー」、「ニンテンドーDSコーナー」、「モバイルコーナー」、「パチスロコーナー」と6つに分けられている。

 餓狼伝説15周年コーナーには「餓狼伝説SPECIAL」と「餓狼伝説バトルアーカイブ1」、「餓狼伝説バトルアーカイブ2」が、NEOGEOオンライン・コレクションコーナーには「ザ・キング・オブ・ファイターズ ネスツ編」、「KOFマキシマムインパクト2」、「ザ・キング・オブ・ファイターズ イレブン」が。「メタルスラッグ10周年コーナー」には「メタルスラッグコンプリート」と「メタルスラッグ6」などが試遊可能に。ニンテンドーDSでも「SNK VS.CAPCOMカードファイターズDS」がプレイアブル出展されていた。

wk_060924snk02.jpg

 23日のメインステージでは草薙京役の野中政宏さんを招いた「ザ・キング・オブ・ファイターズ イレブン」の全国大会「FIGHTERS 2006」や、開発者トークショウなど催され、ネオジオフリークステージでは「KOFマキシマムインパクト2」のアルバ役・佐藤佑暉さんとソワレ役・服巻浩司さんのトークショウを開催。「NEOGEOオールスタートークショウ」としてやはり声優で草薙京役の野中政宏さんとキング役の生駒治美さん、ラルフ役のモンスター前塚さんらが出演していた。

 24日にはアテナ役の池澤春菜さんを迎えて「アテナ生誕20周年記念イベント Athene On Stage」や「Days of Memoriesトークショウ」が行われている。

 特に昨年も行われたSNKプレイモアブースとKDDIブースをつないだ「KOFマキシマムインパクト2」のオンラインゲーム大会は、すでに恒例となっているのか多くの参加者を集めていた。

 既報のとおり、22日のビジネスデーにはプレスカンファレンスも行われ、今後の方針とともに、発売が予定されているいくつかのタイトルについて発表された。興味のある方は、そちらも確認のこと。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping