ニュース
2006年09月25日 02時06分 更新

東京ゲームショウ2006:

セガのPS3タイトルをプレイしてきました――「バーチャファイター5」、「〜宮里三兄弟内蔵〜 SEGA GOLFCLUB」、「パワースマッシュ3」 (1/3)

セガからリリースされる予定のプレイステーション 3用ソフト「バーチャファイター5」、「〜宮里三兄弟内蔵〜 SEGA GOLFCLUB」、「パワースマッシュ3」をプレイしてきたので、そのインプレッションをお伝えしよう。

アーケードと何ら変わらない質の高さを実現――「バーチャファイター5」

 セガが満を持してアーケードでリリースし絶賛稼動中の「バーチャファイター5」が、プレイステーション 3に移植される。今回のセガブースでは多くのプレイステーション 3版「バーチャファイター5」が置かれ、実際にプレイすることができた。

画像
画像画像 左の写真のように何台もの試遊台が並んでいたのだが、1台だけがVIP待遇のようなガラス張りのくつろげるスペースに置かれ、ひときわ目立つ試遊台として置かれていた。この台で遊ぶための制限は特になく、誰でも入れたが、やはりピーク時はけっこう並ばなくてはならかったようだ

画像 コンパニオンのおねえさんの手元を見ていただきたい。これがバーチャスティックハイグレードだ

 試遊台にはそれぞれ「バーチャスティックハイグレード」と印字された黒いジョイスティックが2つずつ接続され、アーケード同様の操作感覚でのプレイが可能だった。この黒いジョイスティックには左上にSEGAと書かれていることから、セガオリジナルのジョイスティックであることがわかる。レバーの丸い部分とメインのボタンは鮮やかなピンク色、スタートボタンなどは黄色で上方に小さく配置されていた。

 実際にさわってみると、レバーの感覚といいボタンの加減といい、そのまんまアーケードで、セガの長年の技術が詰まっていると感じた。これだけしっかり作られているのだから、当然製品化は視野に入れてあるのだろう。詳細の発表が楽しみだ。

 そんなアーケードまんまのデバイスでプレイする「バーチャファイター5」は、こちらもまた、忠実にアーケードを再現していた。現在のアーケードでも群を抜いて高画質な最先端グラフィックを誇る「バーチャファイター5」が、そう遠くない未来に自宅でプレイできてしまうのだ。

画像画像 新キャラであるアイリーンやエル・ブレイズもしっかり登場。まさに完全再現だ

 筆者は持ちキャラであるウルフ・ホークフィールドを選択したのだが、挙動などにおいてアーケードから劣っているようなところはいっさい感じられなかった。肌の光沢や背景のきめ細やかさも遜色なし。プレイアブル版では残念ながらステージ3まで進んだら終了だった。時間は短かったが、ひとりのバーチャファンとしてこの完成度をうれしく思う。現時点でこれだけできているのだから、製品版の出来も期待していいだろう。

       1|2|3 次のページへ

[仗桐安,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping