ニュース
2006年09月25日 04時45分 更新

「テイルズ オブ ザ テンペスト」ワイヤレスプレイの詳細が明らかに――オープニングも公開

バンダイナムコゲームスのニンテンドーDS用ソフト「テイルズ オブ ザ テンペスト」。今回はニンテンドーDSの機能を生かした「ワイヤレスプレイ」の詳細、および本シリーズを語るうえで欠かすことのできないオープニングをお届けする。

 発売日が2006年10月26日に再決定した、バンダイナムコゲームスのニンテンドーDS用ソフト「テイルズ オブ ザ テンペスト」。今回はニンテンドーDSの機能を生かした「ワイヤレスプレイ」の詳細が判明したので紹介していこう。

photo

 ワイヤレスプレイとは、各プレーヤーがそれぞれキャラクターを操作し、協力しながらダンジョンの奥深くにある宝箱の入手を目指すモード。人数分のニンテンドーDS本体とソフトがあり、ゲーム本編でアイテム「エレウシスの鍵」を入手していれば、最大3人まで同時にプレイすることができる。

 使用キャラクターには、ゲーム本編で育てたキャラクターの中から1キャラクターを選ぶことが可能で、ここでのプレイはゲーム本編にも影響を与える。具体的にはダンジョン内で入手したお金やアイテムが反映されるとのこと。

 マップ画面で敵に出会うと戦闘となり、戦闘中のキャラクターの上に剣のマークが表示される。この時、ほかのキャラクターが戦闘中のキャラクターに触れれば、戦闘に途中から参加することも可能だ。なお、戦闘で敗北したキャラクターは、自動的に同じ階にある「復活ポイント」に戻るという。


photo ほかのプレーヤーの戦闘にも参加できるため、同じキャラクターにするのではなく、別々にしたほうが個性が出るだろう
photo ルビアの上に表示されている剣のマークが戦闘中であることを示している
photo 戦闘画面にゲーム本編との違いはない。特に気にすることなく戦闘を行うことができるはずだ

 “ダンジョンの奥深くにある宝箱の入手を目指す”という目的があるとは言え、何も争うことを主体としたモードではない。敗北しても復活ポイントに戻るだけだが、ほかのプレーヤーが戦っていたら、協力してあげたほうが喜ばれるだろう。

 このほか、オープニング画面も公開されている。新しいシリーズタイトルが出るたびに、毎回ファンを楽しませてくれるオープニングだが、今回はどのように仕上がっているのか。スクリーンショットではあるが、そのデキが少しでも伝われば幸いだ。

photophotophoto

photophotophoto 本作のオープニングはアニメーションに加えて……

photophotophoto

photophotophoto ゲーム内画面を使用して制作されているようだ

テイルズ オブ ザ テンペスト
対応機種ニンテンドーDS
メーカーバンダイナムコゲームス
ジャンル魂を呼び覚ますRPG
発売日2006年10月26日予定
価格5040円(税込)
(C)いのまたむつみ(C)2005 NBGI
※画面は開発中のものです


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping