ニュース
2006年10月02日 18時42分 更新

召喚獣を育てるMMORPG「RAPPELZ」オープンβテスト本日から開始

 ガーラが運営するMMORPG「RAPPELZ」のオープンβテストが本日10月2日より開始された。

 「RAPPELZ」はフィールド上の敵モンスターを手なずけ、いつでも召喚できる「クリーチャー」として収集することのできるMMORPG。一度仲間にしたクリーチャーはいつでも呼び出して一緒に戦うことができるので、手に入れたクリーチャーの数だけ戦略の幅が広がると言える。また、クリーチャーの数も無数に存在するため、召喚獣のコレクションもその楽しみのひとつとなっている。クリーチャーは、プレーヤーと一緒に経験を重ねていくことで、能力値はもちろんビジュアルや特性もレベルに応じて変化していく。

 このほか、ログオフしている間に回復する「スタミナ」システムにより、ログイン間隔が長い人や、一度のログイン時間が少ない人でも有利に遊べるようになっているという。

画像画像画像

 アバター(プレーヤー)キャラクターは、「デーヴァ」、「ガイア」、「アシュラ」の3種族から選択することができ、1次職業は3種類に分かれており、2次転職でさらに細分化されるシステムを採用している。

 「デーヴァ」は、体力&防御力に優れ、回復&補助を得意とし、1次職業では、ディバインソルジャー、クレリック、ブリーダーの選択が可能。2次職業では、ディバインナイト、メイジ、プリースト、テンプルウィザード、ソウルブリーダーの選択が可能だ。

 「ガイア」は攻撃力に優れており、多彩な武器が扱えるのが特徴。1次職業は、ファイター、エレメンタラー、スペルシンガーの選択が可能だ。2次職業は、ウォーリアー、ハンター、バトルエレメンタラー、スペルハウラーの選択が可能になる。

 「アシュラ」は集中力に優れ、回避能力が高い職業。魔法系はダメージに特化しており、1次職業はストライダー、ダークマジシャン、ソーサラーの選択が可能。2次職業は、ダークチェイサー、シャドーハンター、ブラックウィザード、ダークメイジ、バトルソーサラーの選択が可能になる。

 なお、職業の経験値ともいえるジョブポイント制も採用。戦闘を通じて経験値、通貨、アイテム、ジョブポイントの4要素を獲得することができ、その中でジョブポイントは職業に特化したスキルを覚える役割を持っている。レベルアップとは別にキャラクターの能力を向上させることが可能なため、成長させるスキルを選択するたびに、プレーヤーごとに個性的なキャラクターを育てられるようになっている。

画像画像画像

 なお「RAPPELZ」は、基本料金無料のアイテム課金システム。10月中には日米同時に課金サービスを開始する予定となっている。

ストーリー

 神々の使いと称する「デーヴァ」と「アシュラ」に導かれしガイアの民。幾度かの繁栄と衰退を繰り返しながらも、長年の平和を享受していた彼らに30年前突如脅威が訪れる。「魔女」と呼ばれる絶対者の出現によって、惰眠を貪っていた世界は「真実」へと目覚め始める。どこか不自然で作為を感じるガイアの歴史。何者かの捏造か、はたまた「魔女」の企みか。謎は謎のまま、一度は「魔女」の死で混乱は幕を閉じたかにみえたが……。

 再びガイアの地に変化の兆しが訪れようとしている。「デーヴァ」と「アシュラ」。神の使途を名乗る彼らは一体何者なのか?そして、「魔女」の語った「真実」とは?

 神秘と謎を秘めた世界を舞台に「運命に従う者」と「運命に抗う者」の物語が、いま幕を開ける!

画像画像画像


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping