レビュー
2006年10月03日 01時35分 更新

「リッジレーサーズ2」レビュー:

PS3版の事前予習は全部入りで! 大ボリュームアップして登場した「リッジレーサーズ2」 (1/2)

斬新なニトロシステムを搭載し、新たな「リッジ」として誕生した「リッジレーサーズ」。あれから1年9カ月後に登場した「リッジレーサーズ2」は、新コースと新モードが追加され、「リッジレーサーズ大増量版」とも言える内容に仕上がっている。

新世代の「リッジレーサー」の形を作り上げた「リッジレーサーズ」

wk_061002rid01.jpg ニトロを使用するとド派手なエフェクトとともに、一気に加速する

 時速200キロを超える高速ドリフトが魅力の「リッジレーサー」シリーズ。初代「リッジレーサー」の登場から10年以上が過ぎ、ドリフトだけでは満足できなくなってきた頃に登場したのが、PSPと同時に発売された「リッジレーサーズ」だ。「リッジレーサーズ」は、ドリフトに加えて新たにニトロシステムを搭載。ニトロを使って加速することで、従来の作品とは比べものにならないほど強烈なスピード感を味わえるゲームへと進化したのである。

 ニトロシステムの優れているところは、高速ドリフトをうまく決めたときほどニトロがチャージされ、より多くのニトロを使用できるという作りになっていることだ。過去の「リッジレーサー」シリーズでは、できるだけドリフトさせないことが速く走るための条件となっていた。ドリフトは気持ちがいいものの、ドリフトさせすぎると遅くなってしまうという、「リッジレーサー」シリーズ特有のジレンマを見事に打ち破ったのが、このニトロシステムなのである。

wk_061002rid02.jpg ドリフトすると、ニトロゲージが徐々に溜まっていく。ドリフト中の速度が高いほどニトロゲージの溜まりが速くなる

 「リッジレーサーズ」でラップタイムを刻むためには、積極的にドリフトさせてニトロゲージを溜めることがなによりも重要なポイントとなっている。溜まったニトロを使って加速し、高速ドリフトでさらにニトロゲージを溜めるという好循環を生み出すことで、飛躍的に速く走れるようになるのだ。このように、「リッジレーサーズ」は、ドリフトを決めることが速く走ることに直結するというゲーム性になっているため、「リッジレーサー」の本来の魅力を、より際立たせることに成功したのである。

 さらに、「リッジレーサーズ」では過去のシリーズのコースをリファインして収録しているところもファンにとってはうれしいポイントだ。初代「リッジレーサー」のコースはもちろん、家庭用には移植されていなかったアーケード版「レイブレーサー」のコースをも収録されている。新しい「リッジレーサー」の形を生み出したニトロシステム、そしてシリーズのファンを満足させる要素の数々。これが、「リッジレーサーズ」がシリーズの最高傑作としてファンから支持されている理由だといえよう。

wk_061002rid03.jpg 本作では「R4」に登場したコースを中心に、18コース(逆走含む)追加された

 さて、「リッジレーサーズ」から1年9カ月を経て、満を持して登場したのが今回レビューを行う「リッジレーサーズ2」である。本作は、基本的には前作のシステムが踏襲されているため、まったく別のゲームというわけではないが、新コースと新モードが追加されているため、「リッジレーサーズ大増量版」といえる内容になっている。次の項目では「リッジレーサーズ2」の全貌を詳しく見ていくことにしよう。

「リッジレーサーズ2」のゲーム内容と前作からの変更点をチェック

 ここからは、「リッジレーサーズ2」のゲーム内容を、ゲームモード、収録コース、収録マシン、ニトロシステムに分けて、詳しく見ていくことにする。前作「リッジレーサーズ」からどのような点が進化しているのかも、合わせてチェックしていこう

ゲームモード

 収録されているゲームモードは、「WORLD TOURS」、「ARCADE」、「DUEL」、「SURVIVAL」、「TIME ATTACK」、「WIRELESS BATTL」の6つ。「ARCADE」、「DUEL」、「SURVIVAL」の3つは、「リッジレーサーズ2」で新登場となるモードだ。

 「WORLD TOURS」は「リッジレーサーズ2」のメインとなるモードで、用意された様々なツアーをクリアしていくことが目的となる。ひとつのツアーはそれぞれ2〜6戦のレースで構築されており、決められた順位以上でゴールすることで次のレースに進むことができるようになっている。ツアー内のすべてのレースをクリアすると新車種や新コースが追加されるほか、さまざまなプライズを入手することが可能。初心者向けのレースから、スペシャルクラスのマシンと1対1で対決する上級者向けのレースまで、ツアーの種類は豊富だ。

wk_061002rid04.jpg もっとも簡単なBACICツアーから始まり、PROツアー、EXツアーへとステップアップ。本作ではEX以上の難易度も用意されている

 前作ではツアーの難易度は全部で3段階だったが、本作ではさらに上級の難易度が用意されているため、前作をプレイし尽くしたプレーヤーでも、新たな気持ちでチャレンジできるはずだ。なお、プレイ時間に合わせてツアーを作成してくれる「おまかせツアー」機能もある。


wk_061002rid05.jpg レースが進むにつれて徐々に残りタイムが減っていく。アーケード版の雰囲気がうまく再現されている

 「ARCADE」は規定時間内にチェックポイントを通過し、残りタイムを加算しながらゴールを目指すという、アーケード版の雰囲気を再現したモード。残りタイムが0になるまえにチェックポイントを通過しなければゲームオーバーになってしまうというプレッシャーに、懐かしさを感じる人も多いはずだ。最初から全コース(逆走を除く)を選ぶことができるため、初心者が練習するにはもってこいのモードといえるだろう。


wk_061002rid06.jpg 「DUEL」で登場するライバルカーは、ほかのモードで登場する敵車よりも手強い。ニトロの使い所が肝心だ

 「DUEL」は好きなコースでライバル車と1対1で戦うモード。12台で争う通常のレースとは違い、1台のライバルとの抜きつ抜かれつのレースを楽しむことができる。ライバルカーはほかのモードよりも速いので、ニトロを戦略的に使うことが大切になる。「WORLD TOURS」とは違って、ライバルに勝ってもマシンを入手できないのが残念なところ。


wk_061002rid07.jpg 最下位のまま周回を終えるとゲームオーバーとなるため気が抜けない

 「SURVIVAL」は4台でレースを行い、1周ごとに最下位が脱落していくモードだ。1周目の終わりには4位のマシンが、2周目の終わりには3位のマシンが脱落し、ファイナルラップは残った2台での争いになる。通常のレースはゴールまでにトップに立てばいいのだが、このモードではレースの序盤であっても大きなミスをすることができないという緊張感がある。


wk_061002rid08.jpg ドリフトのさせかた、ニトロを使うタイミングなどでどのようにラップタイムが変わるのか研究するといい

 「TIME ATTACK」は純粋にベストタイムを更新していくためのモードだ。過去のベストタイムをゴーストとして表示させることもできる。「TIME ATTACK」はライバル車がいないため、ドリフトのさせかたやニトロの使い方でタイムがどのように縮まるのかを確かめるには最適のモードといえる。「WORLD TOURS」を終えた上級者も、さらなる高みを目指して練習に励もう。


 「WIRELESS BATTL」では、前作と同じくPSPのアドホック通信を使って最大で8人までの通信対戦を行うことができる。腕が近い友達とのバトルは、CPUとのレースとは比べものにならないほど白熱したものになるため、優れた戦略が必要になるのが面白い。相手がどれだけのニトロを溜めているかを考えながら、逃げ切りを狙うのか、後半に勝負をしかけるのかなどを考えるのは実に楽しいものだ。

 後にいるプレーヤーが速くなるハンディキャップ機能もあるので、初心者と上級者でも接戦を演じられるのもうれしいポイント。残念ながらインターネットを通じての対戦はできないので、友達とPSPとソフトを持ち寄って遊ぼう(ゲームシェアリングには未対応)。

       1|2 次のページへ

[長井直也,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping