ニュース
2006年10月11日 21時02分 更新

ゲーム史上最大のナゾに挑む――レベルファイブ新作ソフト発表会で新たな事業展開も (1/2)

レベルファイブは、2月15日発売予定のニンテンドーDS用ソフト「レイトン教授と不思議な町」を発表。パブリッシャー事業を展開することになった。それに伴いロゴマークを変更。今後はデベロッパー事業との両面での展開となる。
wk_0601011LV01.jpg

 10月11日、東京・青山のスパイラルホールでレベルファイブは従来のゲームソフトの制作・企画に加え、パブリッシャー事業を展開していくことを発表した。その第1弾タイトルとなるニンテンドーDS用ソフト「レイトン教授と不思議な町」も公開され、企業ロゴも刷新されることが明かされた。なお、従来どおりデベロッパーとしての一面も残しての事業展開となる。

 レベルファイブは1998年10月10日に“5つ星のゲームが作れるように”という願いをこめて福岡に設立された。あれから8年。2000年12月にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)から発売された「ダーククラウド」や、2002年11月に発売された続編「ダーククロニクル」をはじめ、2004年11月にはスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」や2005年12月にSCEより発売された「ローグ ギャラクシー」などプレイステーション 2でのデベロッパーとして確固たる地位を築いてきた。

 そして、最近では2006年11月にSCEより発売されるPSP用ソフト「ジャンヌ・ダルク」やプレイステーション 3用ソフト「白騎士物語(仮)」などの開発で注目を集めていた。そんなタイミングでのパブリッシャー事業への発表となった。

wk_0601011LV02.jpg

 冒頭挨拶に立ったレベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏は、「完全なパブリッシャーとなるわけではなく、デベロッパーとしての両面での事業展開となる」と説明。ニンテンドーDS用ソフト「レイトン教授と不思議な町」が、制作から販売まで一貫して行う最初のタイトルとなることが紹介された。

 また日野氏はこれに伴い企業ロゴも新しくすることも明かした。新しい企業ロゴは全体的にグレーを基調としたシンプルなイメージとなっており、パブリッシャー事業の開始を機に、レベルファイブがソフトメーカーとしてより洗練された次元に踏み込んだことを表すとのこと。「中央の“V”には、5つ星のソフトを作るという“5”を意味する数字の『V』と、次世代への“ビジョン(VISION)”を意味する『V』、そして新しいビジネスへ踏み出し“勝利する(VICTORY)”の『V』と、3つの意味が込められている。レベルファイブという名前が面白いゲームという代名詞になれるようにしたい」(日野氏)と由来と意気込みを語った。


wk_0601011LV03.jpg レベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏
wk_0601011LV04.jpgwk_0601011LV05.jpg 左が従来のロゴ。右が今後新たに使用されることになったレベルファイブの企業ロゴ

「レイトン教授と不思議な町」とは?

wk_0601011LV07.jpg

 前述したとおりレベルファイブがパブリッシャーとして最初に扱うタイトルが本作、2007年2月15日発売予定のニンテンドーDS用タイトル「レイトン教授と不思議な町」となる。価格は税込み4800円。日野氏はタッチペンを使用する操作感から本作がニンテンドーDSでの展開となったと解説する。日野氏自らも企画とプロデュースに関わっているとのこと。

 大ベストセラー「頭の体操」の著者・多湖輝氏を監修に迎え、ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャーという“RPGのレベルファイブ”が新たに挑戦するジャンルとなる。「レイトン教授」シリーズとして全3部作を予定しており、今回発表された「不思議な町」はその第1弾となる。声優としてレイトン教授役に大泉洋さん、助手のルーク少年に堀北真希さんを起用。現在の開発度は80%くらいとのこと。

 プレーヤーは主人公レイトン教授となり、不思議な町の住人から出題されるパズル=“ナゾ”を解くことでストーリーが進んでいく。ヨーロッパの歴史を感じさせる温かい町並みの中で出会う、個性豊かな町の住人たちが問う数々の“ナゾ”によって「不思議な町」は怪しい影を落としていく。ストーリーに組み込まれた難解なミステリー、そして事件をつづるアニメーションで臨場感が高まっていく。

wk_0601011LV08.jpg 「頭の体操」の多湖輝氏。レベルファイブの創造性に驚いたと語る

 本作の“ナゾ”は「頭の体操」シリーズの多湖氏制作によるもの。日野氏によって迎えられた多湖氏はまず「頭の体操」とはどういうものなのかと有名な問題を出題する。見方を変えるだけで答えはひとつだけではないことを証明してみせようというわけだ。


wk_0601011LV09.jpgwk_0601011LV10.jpgwk_0601011LV11.jpgwk_0601011LV12.jpg 「頭の体操」でも有名な1問。通常は枠に囚われ5つの線で結ばれるが、ちょっと頭をひねれば4本でも可能に。さらにアメリカのスタンフォード大学の教授たちが3本でもできると問題自体の捉え方の柔軟性を説く。さらに厳密な直線ではないがと発想の可能性を提案する

 多湖氏は日野氏と最初に出会った頃を振り返り、「すぐにでもゲームへの協力を快諾したかったが、一応事務所を見せてほしいとお願いしました。事務所に行くと1人1人が実に個性的でクリエイティビティーにあふれ、この会社の人々に任せたらすごいものができるんじゃないかと確信した」と、レベルファイブの力量に惚れたことを明かす。だからこそいい作品になっていると自信をのぞかせた。「『頭の体操』で有名な問題以外にも、本作のために新たに30問ほど問題を製作し収録している。熱気の中で作られています。家族みんなで楽しんでもらいたい」(多湖氏)

wk_0601011LV13.jpgwk_0601011LV14.jpg 会場ではレイトン教授役の大泉洋さんと、ルーク少年役の堀北真希さんのビデオメッセージが流された。堀北さんは声優初挑戦となる。大泉さんも堀北さんも出来上がりを楽しみにしていると心強いコメントを寄せてくれた
wk_0601011LV15.jpg 来賓代表として任天堂代表取締役専務営業本部長 波多野信治氏が登壇し挨拶。「レベルファイブの質の高い開発力がニンテンドーDSに迎えられることを歓迎し、新しいジャンルとして完成度の高い作品となることを祈願した

wk_0601011LV16.jpgwk_0601011LV17.jpg 会場外には試遊台も多数用意されていた。あれ? 案内してくれるお姉さんのコスチュームのロゴが新しいものに。体験版では会場で流されたアニメーションのほかにゲーム序盤と中盤のダイジェストが遊べた。例えば町に行くための問題や車をいかに外に出すかなど、ピカラット(レベルに相当)に合わせた問題が多数出題される。ゲーム中に集めたメダルを使用してヒントを聞くことも可能。問題解決を先送りにすることもできた
wk_0601011LV18.jpg 最後はもちろん登壇者たちによるフォトセッションとなり閉幕となった。今後、レベルファイブは「レイトン教授」シリーズを皮切りに、さまざまなハードへソフトを供給販売するパブリッシャーとしても躍進する
       1|2 次のページへ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping