ニュース
2006年10月12日 15時32分 更新

ニューヨークで「FINAL FANTASY XII DAY」の特別式典開催――宣言書授与

10月11日を米国ニューヨーク市における「FINAL FANTASY XII DAY」と認定したとする特別式典がタイムズスクウェアで開催された。FFXIIエグゼクティブ・プロデューサーの河津秋敏氏らが宣言書を授与。
wk_0601012ff01.jpg 宣言書を受け取る河津氏と岡田氏

 先日お伝えしたとおり、2006年10月11日を米国ニューヨーク市における「FINAL FANTASY XII DAY」と認定したと宣言する特別式典がタイムズスクウェアで開催された。

 これは、「FINAL FANTASY XII」(FFXII)の北米版が2006年10月31日にスクウェア・エニックスから発売されることを記念して行われるもの。特別式典に先立ちタイムズスクウェアの大型モニターでは、FFXIIのトレイラーが上映され、会場ではジャッジマスターと北米スクウェア・エニックスが選出した3人のコスプレイヤーもかけつけた。

 特別式典では、ニューヨーク市 シニアバイスプレジデントのティモシー氏より、FINAL FANTASY XII Dayの制定の宣言がなされ、FFXIIエグゼクティブ・プロデューサーの河津秋敏氏と北米スクウェア・エニックス バイスプレジデント&Cooの岡田大士朗氏へ宣言書の授与が行われた。

 河津氏は、「20年前、AppleIIのロールプレイングゲームに熱狂していた日本の若者達が、自分達の手でゲームを作り始めました。それが、最初のFINAL FANTASYの誕生でした。そのFINAL FANTASYが12作目を迎え、今この場所で名誉ある日を迎えていることに、その若者の1人として、感動を覚えています」とコメント。FINAL FANTASY XII Day制定に喜びをかみしめた。

 なお、10月12日に同市内で開催されるデジタルテクノロジーに関するイベント「DigitalLife2006」に出展されるスクウェア・エニックスのブースではFFXIIのプレイアブルデモが出展される予定になっている。

wk_0601012ff02.jpg タイムズスクウェアインフォメーションセンターをFFXIIのキャラクター達が出迎える
wk_0601012ff03.jpg タイムズスクウェアの大型ビジョンで流されるFFXIIの最新PVを前に、北米スクウェア・エニックスが選出した3人のコスプレイヤーと河津氏、岡田氏が記念撮影
wk_0601012ff04.jpg ニューヨーク市シニアバイスプレジデントのティモシー氏による挨拶とFINAL FANTASY XII Day制定宣言

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping