ニュース
2006年10月18日 20時12分 更新

おかえりパラッパ!――元祖“音ゲー”「パラッパラッパー」が10年ぶりにPSPでカムバック

初期のPSを代表する新機軸ゲーム「パラッパラッパー」がスーパーリメイク版となりPSPに帰ってきた。当時遊んでいた人も新たな気持ちでプレイできるさまざまな新要素が追加されている。
wk_0601018para01.jpg

 1996年にプレイステーションで発売された元祖“音ゲー”ともいえるプレイステーションだからこその新機軸タイトルが、10年の時を経てPSPにスーパーリメイク版として帰ってきた。従来のプレイステーション版にPSPならではのアドホック通信やゲームシェアリングなどが追加された、2006年のパラッパラッパーを遊んでみてはいかがだろうか?


プレイステーション版「パラッパラッパー」をPSPへスーパーリメイク

wk_0601018para02.jpg

 PSPの16:9のワイドスクリーンにゲームもムービー画面も合わせて再現。PS版の面白さをそのままに、味わいは残しての復活となった。

アドホック(無線LAN)機能をいかした「VS」モード

 無線LAN機能を使用し、ステージプレイを最大4人までで対戦できる。相手のプレイも自分の画面で確認でき、自分の順位をゲーム中順次確認することも可能だ。ちなみに対戦で遊ぶためには各人が本作のUMDを用意する必要がある。


wk_0601018para03.jpgwk_0601018para04.jpgwk_0601018para05.jpg

ゲームシェアリングモードでおっそわけ

 PSPゲームシェアリング機能で本作の体験版を配信することができる。ゲームシェアリングできるのはステージ1のみで、電源オフあるいはHOMEボタンでゲームを終了するとデータは消える。

インフラストラクチャーモードで追加曲をダウンロード

 既存のステージを追加の曲で楽しめるのも本作の新要素。無線LANで専用サイトに接続すると、追加曲がダウンロードできる。ソフトの発売以降から数曲程度、随時配信していく予定とか。それぞれステージ1〜5まで各1曲を予定している。

wk_0601018para06.jpgwk_0601018para07.jpgwk_0601018para08.jpg おなじみのキャラクターたちも「チョップ」に「ウインカー」指示に「ファンキー」にとコーチしてくれる
「パラッパラッパー」
対応機種PSP
メーカーソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル音ゲー
発売予定日2006年12月7日(木)
価格3980円(税込)
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
(C)Rodney A.Greenblat/Interlink


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping