ニュース
2006年10月19日 18時32分 更新

「M2-神甲演義-」パッチサーバでウイルス感染を確認

 ガイアックスは、同社が運営するMMORPG「M2-神甲演義-」のパッチサーバがウイルスに感染し、一部ユーザーにウイルスに感染したファイルを配布したことが判明したと発表した。

 同社によると、10月19日正午ごろにパッチサーバがウイルスに感染していることが判明したとのこと。これにより同12時40分頃にパッチサーバを停止した。稼働していたのは10月19日午前7時半〜午前12時40分の間。

 感染したウイルスは「W32/HLLP.Philis.ini」。ファイル感染型のウイルスで、感染した麻疹で実行ファイルを検索し、ウイルスコードを付加するほか、ゲームのパスワードを盗み出すトロイの木馬をダウンロードするDLLファイルも作成される(マカフィーのサイトでウイルスを検索)。

 被害の正確な数字は不明とのことだが、その間のユニークユーザー数は2469。同社は現在原因を調査中だが、「M2-神甲演義-」公式サイトでウイルス駆除の方法について案内されているので、ユーザーは公式サイトを参照してほしい。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping