ニュース
2006年10月25日 19時20分 更新

たまごっち“たち”と学校生活――「たまごっちスクール」

バンダイは「たまごっちプラス」の最新作「たまごっちスクール せーとぜーいんしゅーごっち!」を発売する。「たまごっちスクール」の先生となり、たまごっち“たち”を相手にクラスのランクを上げていくのが目的。通信機能も引き続き搭載。

 バンダイは人気の携帯ゲーム機「たまごっちプラス」シリーズの最新作として「たまごっちスクール せーとぜーいんしゅーごっち!」を11月23日より販売する。価格は2940円。

photo 全4色の「たまごっちスクール せーとぜーいんしゅーごっち!」。(C)BANDAI・WiZ 2004

 新製品はこれまでの製品のように、いっぴきのたまごっちを相手に、ごはんをあげたりトイレの世話をするといった育成要素を省き、ユーザーはたまごっちが通う学校「たまごっちスクール」の先生となって生徒(たまごっち)たちとコミュニケーションをとり、クラスのランクを上げていく。

 タマゴを連想させるデザインはそのままだが、操作性を向上させるために縦型から横型に変更されたほか、十字キーも搭載。“学校”をイメージさせる名札風のストラップも付属する。サイズは75(幅)×63(高さ)×16(厚さ)ミリ。

photo

 クラスのランクを上げるには、「生徒の数」「ごっち値」の2つを上げることが必要。生徒数はクラスへ見学へ来たたまごっち(新キャラクター含めて130種類上が登場)へ言葉をかけたり、生徒からの質問に答えることでアップする。「ごっち値」は国語/算数/理科をモチーフにした6種類のゲームをクリアしていくことでアップする。

 搭載する通信機能で、既存シリーズ製品の「超じんせーエンジョイ!たまごっちプラス」ないし「ウラじんせーエンジョイ!たまごっちプラス」で育てたたまごっちを“転入生”として迎えることができるほか、本製品同士で「黒板消し競争」「給食早食い競争」などのゲームで対戦して楽しむこともできる。

photo 黒板消し競争(左)、給食早食い競争(右)

 そのほか、イベントなどで設置される「じゅくたまごっち」から転入生を迎えるたり、玩具店の店頭などに置かれている「たまごっちステーション」との通信機能も備えている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping