ニュース
2006年10月30日 20時17分 更新

「ビフォア クライシス -FFVII-」、難易度を下げたイージーモードが登場

エリート集団「タークス」の一員となり、「FFVII」へとつながる6年間を生きるネットワークアクションRPG「ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-」。そのイージーモードの配信が開始された。

 スクウェア・エニックスは10月30日、90xiシリーズ向けに配信中の「ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-」にて、難度を下げたイージーモードの配信を開始したと発表した。

 ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-は、プレーヤーが「ファイナルファンタジーVII」に登場した、極秘任務を遂行するエリート集団「タークス」の一員となり、あらゆるミッションをこなしていくネットワークアクションRPG。今冬には、Yahoo!ケータイ、EZweb対応アプリとしての配信も決定している(9月22日の記事参照)。

photophotophotophoto

 イージーモードでは、新機能として「オート回避」を追加。また、これまで配信していたモード(ノーマルモード)と比べ、より初心者向けに調整を施しているという。ノーマル/イージーモードの選択は、ゲーム開始前にメニュー内「オプション」の「難易度設定」より行う。このほかイージーモードでは、オート回避の有無も選択することが可能だ。

 ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-の月額情報料は525円。アクセスは、「メニュー/検索」→「ゲーム」→「ロールプレイング」→「ファイナルファンタジーi」から。

(C)2004-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping